グルテンフリーを超える?フォドマップ食

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過敏性腸症候群や炎症性腸疾患のお食事法の一つとして注目されているのが低フォドマップ食

フォドマップ(FODMAP)とは、F(Fermentable:発酵性)、O(Oligosaccharides:オリゴ糖)、D(Disaccharides:二糖類)、M(Monosaccharides:単糖類、And、P(Polyols:ポリオール)の頭文字をつなげた造語です。

フォドマップ食に含まれる発酵性のオリゴ糖、2糖類単糖類ポリオールは、小腸を通過する時に腸内細菌で分解され、水素ガスなどを発生させます。消化不良の時のおならをイメージすると分かりやすいですね。

こうした食べ物から発生するガスは腸管から吸収されにくいので、腸管の内部の浸透圧を上げることにより、腸の中に水を引き寄せることになります。またこうした食材は小腸で吸収されにくいので、大腸内に長く留まることになります。結果として腸が刺激されることにより下痢や便秘などが生じてしまうのではないかとされています。

●「高フォドマップ食」に該当する食材

オリゴ糖:食物繊維を多く含む穀物類豆類玉ねぎニンニクアーティチョークレンズ豆ひよこ豆ブロッコリー芽キャベツ大豆製食品
2糖類:牛乳ヨーグルト、柔らかいチーズ類 、アイスクリーム
単糖類:マンゴースイカえんどう豆ハチミツアガベシロップ 、異性化糖
ポリオール :サクランボネクタリンリンゴキノコカリフラワー、甘味料 (キシリトール, ソルビトール)

●「低フォドマップ食」に該当する食材

果物バナナブルーベリーグレープフルーツレモンラズベリー
野菜人参セロリさやいんげんじゃがいもかぼちゃズッキーニ
穀物:グルテンを抜いたパンまたはシリアル、米、オーツ麦、タピオカ
乳製品:ラクトース抜き牛乳ヨーグルト、ハードチーズ
その他:豆腐

ただしオリゴ糖に反応しやすい人がポリオール、単糖類や二糖類にも反応しやすいわけでもありません。フォドマップを上手に導入するには食事療法に詳しい方と一緒に様々な試行錯誤をしていく必要があります。
やはり全ての人に対して絶対的に効くお食事というのは世の中には存在していないからです。例えば、世の中にはグルテンフリー食乳糖フリー食など様々なお食事法があります。ですから自分に合ったお食事は何なのかを探して真摯に病気と向き合っていく努力が必要だと思います。食物過敏性検査はこうしたことを見つけやすくしてくれる可能性があります。

今日も最後までお読みくださいましてありがとうございました。
もう少し過敏性腸症候群とフォドマップ食についてお知りになりたい方は菰池先生との対談をご覧ください。

 

大友博之 渋谷セントラルクリニック エグゼクティブ ディレクター

日本抗加齢医学会専門医、日本麻酔科学会専門医、日本医師会認定産業医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)

免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療で著名人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどハリ治療の名手で東洋医学にも造詣が深い。

またワインと健康食の愛好家しても名高く、ボルドー、ブルゴーニュ、シャンパーニュのワイン騎士団から名誉ある「シュバリエ」を叙任されているほか、料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有する美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会の「オフィシエ」でもある。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら