アーティチョーク あーてぃちょーく

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アザミに似たアーティチョークは、ヨーロッパでは古くから食べられていましたが、日本ではあまり栽培されていないせいか、高級食材として珍重されています。
56月にかけてよく出回っている野菜で、大阪、茨城などの地域で生産されています。

栄養素

カリウムやカルシウムなどのミネラルが豊富に含まれている他、便秘に効果的な食物繊維や、ストレスの軽減に有効的なナイアシンが特徴的な栄養素です。

アーティチョークの主な栄養成分(可食部80g当たり 約1個分)

効能・効果

アーティチョークの抽出物に含まれるシナリンとコーヒー酸には、様々な効果が期待できます。

肝臓の炎症の予防:動物実験の段階ですが、アーティチョークの抽出物を投与すると、肝臓の炎症を予防する働きが期待できることが分かりました。
脂肪の吸収抑制:血中のコレステロール、中性脂肪を減らす可能性があると言われています。

そのほかにも、アーティチョークに含まれるイヌリンという多糖類は、大腸の腸内細菌叢によって初めて代謝されるため、腸内環境を改善し、便秘の効果が期待できます。

東洋医学的側面

  • 寒熱: 平(体を温めも冷やしもしない)
  • 昇降・収散・潤燥:降(気を降ろす)
  • 臓腑:肝・胃
  • 五味:甘(補い滋養する作用)・苦(気を降ろす、固める作用)
  • 毒性:なし

栄養素を上手に摂るための保存方法と調理方法

食用にされるのは蕾の部分が主で、1週間程度冷蔵庫で保存できます。鮮緑色で堅くしまっていて、肉厚のものを選ぶようにしましょう。若い蕾は、アクが強いため、塩とレモン汁(もしくは酢)を加えた湯で20分程度茹でます。

加熱料理はどれとも相性が良く、ピクルスや炒めもの、揚げ物など、様々な料理を楽しむことができます。

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら