イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > [ドクターの㊙レシピ] 究極の夏バテ撃退料理は旬のゴーヤで

[ドクターの㊙レシピ] 究極の夏バテ撃退料理は旬のゴーヤで

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏バテ対策にゴーヤが効く

雨も多い上に、湿度も上がって来て体力が落ちがち。こんな時は東洋医学的に体の熱を取り、ほてりを解消してくれるゴーヤで対策するのが良いのでは⁉️
身体にストレスがかかると、ビタミンCが減りやすいので加熱に強いビタミンCを有するゴーヤで補充するのがピエールのオススメ。
ちなみにビタミンCわた部分に果肉部分の3倍も多く含まれているのでわたを取りすぎるのは要注意ですよ。

ところでゴーヤの苦味成分は、モモルデシンという成分によるもの。胃腸の粘膜を保護したり胃腸を刺激して消化液の分泌を促してくれるので、暑さで食欲が落ちたときには最適です。

夏のダイエットにはゴーヤ!  医食同源効果

ピエールは夏太りの理由は胃腸の調子が悪くなった時に清涼飲料水を飲んだり、アイスクリームを食べたりが原因だと思っているので、食物繊維が多くて胃腸機能を支えるゴーヤは夏のダイエットには欠かせませんちなみに苦味はわたにあるって料理本もあるけど、実際に苦いのは外側の緑の粒々部分。苦味が気になる人は粒々の小さいものを選んでみてね。

そんなゴーヤを使って作ったのはタコ干し、赤大根の炒め物。
無国籍感漂う取り合わせですが、ゴーヤに含まれるビタミンC、β-カロテンに加えてタコのタウリンと梅干しのクエン酸に赤大根のアントシアニン、赤ワインポリフェノールの抗酸化物質てんこ盛りで1秒で疲労回復できちゃう究極の夏バテ撃退料理

個性派揃いの食材をまとめてくれるは。最初にトロトロに火を通して一旦よけておくことで、それぞれの食材の味がくっきりとしたメリハリのある炒め物になった!

タコの味もあるので、最後にナンプラーで少しだけ風味づけすれば、お家に南国の風が吹きますよ。

タコと梅干し、赤大根のゴーヤ炒め 医食同源レシピ

【材料】
ゴーヤ : 1/2本…ワタをとり、5ミリ幅にスライス
茹でタコ : 100g…親指大ぐらいに切る
ニンニク : 1片…軽くつぶす
赤大根 : 適量…薄切り
唐辛子 : 1本
溶き卵 : 2個分
赤ワイン : 大さじ2

(A)
かつおだしつゆ : 大さじ1
梅干し : 1個…包丁で叩いておく
ナンプラー : 小さじ1
パクチーレモン :適量

【作り方】
① フライパンにオイルを温めて、溶き卵を流し入れる。弱火で7割ぐらい火を通して、お皿に取っておく

② 同じフライパンにオイル少々を足してニンニクと唐辛子を入れ、弱火にかける

③ 香りが立ったら赤大根とゴーヤとタコを入れて3分ほど炒め、赤ワインを注いで沸騰させる

④ (A)の調味料を入れて全体になじませ、卵を戻し入れ混ぜて火を止める

⑤ パクチーを添え、お好みでレモンを絞っていただく

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

 

Stir-fried bitter gourd is the classic dish in Japanese summer.
And Dr. Pierre arranged it by adding octopus and pickled-plum, both of which have fatigue recovery.

The point is to stir-fry the eggs separately to make the taste of each ingredient clear.

The bitterness bitter gourd is due to the component called “momordecin”.It protects the mucous membrane of the stomach and promotes secretion of digestive juices, so it is ideal when you lose your appetite due to heat.

Then, which part of bitter gourd has the most bitterness this bitterness?
Actually, it is not the cotton but the green particles outside.
The cotton part is edible, and contains 3 times as much vitamin C as the pulp part!And the bitter gourd’s vitamin C is strong against heating.due to its synergistic effect with β-carotene, bitter gourd can be effective for skin damage care and anti-aging caused by ultraviolet rays.

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら