大根 だいこん

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大根は日本人にはなじみが深く、消化を助け、胃酸過多や胃もたれ、胸やけを防ぐ効果があります。晩秋から冬が旬の食材です。

栄養素

大根にはデンプン分解酵素(ジアスターゼ)が豊富に含まれていますが、デンプンに大根の汁が混ざると、分解されて糖に変化します。大根もちは甘いですが、この作用を利用した料理です。
大根の辛味は、抗菌作用や発がん抑制作用で知られる物質が関係しています。「ラファサチン」という芥子油成分(イソチオシアネート)の一種で、大根をおろすとグルコラファサチンは酸素に触れて分解されて、生成されます。大根は緑黄色野菜であり、葉の部分にβ-カロテン、カルシウムカリウムビタミンCビタミンEを豊富に含んでいます。

大根の主な栄養成分

  • カリウム………230mg
  • ビタミンE………3.8mg(葉)
  • ビタミンC………50mg
  • ビタミンB2……0.16mg
  • βカロテン……3900μg

効能・効果

消化を助ける:大根の根には、ジアスターゼ(デンプンの消化酵素)が多く含まれ、食物の消化を助けます。グリコシダーゼなどの酵素には腸の働き整える作用があります。

東洋医学的側面

  • 大根は生で食すると気を高めて、加熱すると気を下げると言われます。
  • 下気和中…全身の気のめぐりを良くして、胃腸の働きを整えます。
  • 解毒…全身の毒素を排泄させます。
  • 除風寒…寒い気からの風邪を治癒します。
  • 化痰消食散結…消化を促し、痰の出を改善します。
  • 寛胸利膈…胸の詰まりや、呼吸しにくい感じを改善します。

栄養素を上手に摂るための保存方法と調理方法

保存する際には、葉つき大根の場合は、根の部分と葉の部分を切り離し、分けて保存するようにします。根と葉を分けないと、水分が葉の部分から蒸発していき、全体の水分が失われやすくなりますので注意します。

デンプンの分解酵素であるアミラーゼの作用を消さないためには、大根をおろして絡める食べ方が良いでしょう。

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら