イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > [ドクターの㊙レシピ] 枝豆とトマトが夏バテに効く

[ドクターの㊙レシピ] 枝豆とトマトが夏バテに効く

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポイントは枝豆とトマトの栄養素

外来をしていると梅雨入りして暑くて夏バテの人が続出してます!

ピエールも去年、中国の広州で暑くて倒れそうになった時にビジネスパートナーの台湾人が連れて行ってくれたお店で食した、枝豆牛肉トマト炒め。
このお料理のポイントは枝豆とトマト。

枝豆は糖質をエネルギーに変えるビタミンB1の含有量が野菜でトップクラスで、疲労回復や夏バテ防止に効果的お肉はそのまま焼いても美味しそうだけれど、お野菜摂取のために自家製トマトソースで炒め煮にしてみました。

自家製といっても完熟のトマトを切ってフライパンで加熱するだけ。極弱火というポイントさえ守れば、シンプルなのに驚くほど旨みたっぷりのソースになります。この旨みの成分は、グルタミン酸。トマトは野菜のなかで最も多くグルタミン酸を含みます。そしてグルタミン酸の旨みは、お肉に含まれるイノシン酸と組み合わせることで7〜8倍に!
昆布とかつおぶしのお出汁も、昆布のグルタミン酸とかつおぶしのイノシン酸の相乗効果による旨味なのですね。

もうひとつ、トマトには老化の原因となる活性酸素を消去するリコピンが豊富そしてその効果を活かすのに最強のコンビが「牛肉、玉ねぎニンニク

そもそもリコピンは生で食べるよりも加熱したほうが吸収率が高いのですが、トマトをで加熱する際に玉ねぎやニンニクを加えると、リコピンが体内に吸収されやすいかたちに変化し、牛肉の脂に含まれるオレイン酸もまた、リコピンの吸収率を上げてくれるのです!

今回は赤白2色の玉ねぎに枝豆も加えて彩り鮮やかに。味付けは現地に忠実にアンチョビナンプラーで、深みのあるイタリアンのような中華になりました。

この食材を食べると本当に元気になるからお試しあれ!

牛肉と玉ねぎと枝豆のトマト炒め 医食同源レシピ

【材料】
牛肉 : 200g
玉ねぎ : 1/4個…5ミリ幅にスライス
赤玉ねぎ : 1/4個…同上
ニンニク : 1片…軽くつぶす
赤唐辛子 : 1本…種を取る
茹でた枝豆 : 1/2カップ
アンチョビ : 1枚
トマトソース : トマト大1個分
(6等分にしたトマトを弱火にかけたフライパンに並べ、柔らかくなるまで20分ほど加熱したもの)

(A)
オイスターソース : 大さじ1/2
ナンプラー : 小さじ1
胡椒 : 少々

【作り方】
① フライパンにオリーブオイルを入れて弱火にかけ、玉ねぎ、ニンニク、赤唐辛子を敷き詰める

② その上に牛肉を並べ入れ、赤ワインを注いで蓋をする

③ 5分ほど蒸し焼きにしたら肉だけをお皿に取り出し、玉ねぎの残ったフライパンにトマトソースとアンチョビを加えて炒める

④ 全体がなじんだら肉を戻し入れて(A)の調味料を入れて炒め、最後に枝豆を混ぜ入れて完成

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

 

Stir fried steak meat with homemade tomato sauce.

Making homemade tomato sauce is not difficult at all.You just cut the ripe tomatoes and heat in a pan at extremely low heat, then the sauce will be full of umami flavor.

This umami comes from glutamic acid.Tomatoes have the highest glutamic acid content of any vegetable.And the taste of glutamic acid is increased 7 to 8 times when combined with inosine acid contained in meat.

Also tomatoes are rich in lycopene to eliminate the active oxygen which causes aging.And the strongest combination to take advantage of the effect is
“beef,onion,garlic”.Because lycopene has a higher absorption rate when heated with onion and garlic, and oleic acid contained in beef fat also increases the absorption rate.

Dr.Pierre use red and white onions, and add edamame for green.Edamame is the top class vegetable in the content of vitamin B1 that converts sugar into energy and effective in recovering from fatigue.

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら