イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > 【シェフドクターrecipe】アスリートママに捧げるタンドリー鴨

【シェフドクターrecipe】アスリートママに捧げるタンドリー鴨

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スパイスを効かせたアスリートのための一皿

サッカー選手のお母さんから、息子さんに作るお誕生日レシピのリクエスト。

ピエールのご提案はタンドリーチキンをアレンジして、スパイスと赤ワインヨーグルトに漬けたタンドリー合鴨。

鴨肉は肉類のなかでビタミンB2がズバ抜けて豊富なため、糖質脂質をエネルギーに変える作用があります。お母さんのお肌の生まれ変わりを助ける効果もあるし。鉄分が豊富なのも特徴のひとつ。アスリートは消耗性の貧血になっていることが多いので、男の子でも鉄分は貧血防止のために摂った方が良い栄養素。コラーゲンの生成にも重要な働きをするので息子さんにもお母さんにも嬉しいですね。

合鴨というと脂っぽいイメージがありますが、ほかの肉類と比べてコレステロールを下げる不飽和脂肪酸の含有量が高く、体温より低い温度で溶け出す脂なので、体内に蓄積されにくいのが特徴

お皿に敷いたトウモロコシのペーストも、ビタミンB1が野菜平均の約2倍。ビタミンB1もエネルギーの変換には必要不可欠なので、きっとこれを食べた翌日はいつもの2倍はスタミナがついてるはず。ちなみにビタミンB1は粒の根元にある胚芽部分に多く詰まっているので、実をそいで使う際には根元ギリギリまで使うとよいですね。

この暑さの中で運動すると食が細くなりがちなので、カレー粉のほかにパプリカパウダーとチリパウダーを加えることで、よりスパイシーでたくさん食べてもらえるかなと期待したり。

作り方と準備もいらない簡単メニューなので、喜んでもらえるといいなぁ。

タンドリー合鴨 〜トウモロコシのピュレ  医食同源レシピ

【材料】
合鴨肉 : 300g
トウモロコシ : 1本
玉ねぎ : 1/4個

(A)
生姜 : 大さじ1
ニンニク : 小さじ2
カレー粉 : 大さじ1/2
パプリカ粉 : 小さじ1/2
チリパウダー : 小さじ1/4
: 小さじ1/3
豆乳ヨーグルト : 80g
赤ワイン : 大さじ2
青海苔 : 適量
胡椒 : 適量

【作り方】
①包丁で鴨肉に格子状の切れ目を入れ、(A)の材料を揉み込む

②ヨーグルトと赤ワインを混ぜて①の鴨肉になじませ、1時間以上マリネする

③その間にトウモロコシと玉ねぎを茹で、ハンドミキサーなどでピュレ状にしておく

④フライパンに鴨肉の皮を下にして漬け汁ごと入れて弱火にかけ、皮目に焼き色がついたら蓋をして7割方火を通す

⑤蓋を取り、フライパンの汁をこそげるようにして肉の表面にかけながら更に5分ほど焼く

⑥お皿に③のピュレを敷き、焼けた鴨肉を乗せて周りに青海苔を散らす

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

 

Tandoori “duck” soaked in spices, red wine and yogurt for Athlete.

Duck is a well-known ingredient in Asia for its detoxifying effect.Although it seems to be rich in fat, it has a high content of unsaturated fatty acids to lower cholesterol compared to other meats.And since the fat melts at a temperature lower than body temperature, it is unlikely to accumulate in the body.

Duck is also rich in iron.Iron is well known for its anemia-preventing effect, but actually it’s effective for collagen production, so it is an essential nutrient for aging prevention.And duck meat is rich in vitamin B2 to convert sugars and lipids into energy and help the rebirth of the skin.

Corn has vitamin B1 about twice the average of vegetables.It’s better to use from the root part because many of the vitamin is excised there.

The point is adding paprika powder and chili powder other than curry powder.It makes the flavor more complex and appetizing!

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら