イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > 「トマトが赤くなると医者が青くなる」のは本当なのか?

「トマトが赤くなると医者が青くなる」のは本当なのか?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トマトは肝臓の救世主!

北海道の余市にトマト狩りへ。
JALのファーストクラスにトマトジュースを出しておられる渡辺農園もともとはJALで働いていたところ、トマトが好きすぎて余市にご家族で移住されたとのこと。
余市は空気も水も綺麗でウィスキーだけでなくて、トマトなどの農作物にも最適な場所。

青から赤くなる頃のトマトをもぎらせていただきましたが、これを食べるとみんな健康になるのでお医者さんとしてのピエールは廃業になってしまうかもしれません。。。

さてトマトには様々な健康効果があることが知られていますが、ピエール的にはトマトは肝臓の救世主
トマトに含まれるリコピンには血中のアルコール濃度を低下させる働きがあるほか、頭痛や吐き気の原因となるアルコール代謝物であるアセトアルデヒドの分解を助けてくれるため二日酔い防止には最適です。

そしてお酒は飲まないから関係ないわ、というアナタ。
肝臓は、普通に生活していても気が付かないうちに摂取している石油成分や有害金属などの体内の有害物質を取り除いたり、消化に必要な胆汁を分泌したりと大忙しなので負担を可能な限り和らげてあげることが大事。

トマトと玉ねぎのサラダでデトックス!  医食同源効果

実はトマトと玉ねぎのサラダは抗酸化サラダ。
トマトのリコピンには活性酸素を取り除く効果もあるので、活性酸素が発生しやすい肝臓の負担を軽くしてくれます。新玉ねぎにもケルセチンというポリフェノールの一種に活性酸素を取り除く働きがあります。それだけでなくケルセチンは腸内の脂肪と結びついて体外に排泄させてくれるので、デトックスにも効果的。

さらに嬉しいことにトマトと玉ねぎの両方に、肝臓の解毒作用を助け、抗酸化作用の強いグルタチオンが多く含まれます。

こうなるともう、定番のトマトと玉ねぎのサラダが肝臓のためにあるとしか思えなくなってきますね。
トマトは冷やして食べても、加熱して食べても栄養価がさほど失われないので、この夏の食卓にどんどん登場させていただきたいです。

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

 

“tomato a day keeps the doctor away“

Just harvested bright red tomatoes in Yoichi, Hokkaido, and make the healthy summer salad with onions.

Lycopene in tomatoes helps break down acetaldehyde, which can cause headaches after drinking. Acetaldehyde is also generated by stress and fatigue, so tomatoes are good for people who drink alcohol and those who don’t.

Our liver is busy removing harmful substances from the body and secreting bile for digestion, so it is important to ease the burden.

Lycopene and quercetin in onion remove active oxygen, and reduces the burden on the liver.Quercetin has the function to suppress fat absorption, so it is also effective for dieting.And both tomatoes and onions are rich in glutathione to help the liver detoxify.So this must be the most liver-friendly salad!

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら