イシペディア > 食事学と医療の大辞典 > タブーに挑む!? 21世紀の最強健康管理学 > 【ドクターの食卓から】グルテンフリーな海老とトマトのパスタ

【ドクターの食卓から】グルテンフリーな海老とトマトのパスタ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グルテンフリー = ダイエット食?

テニスプレーヤーのジョコビッチさんの本の影響もあってか、最近はグルテンフリーのパスタも随分と選択肢が増えた。玄米や米粉を使ったものから生タイプまで多くの商品から選べる様になったのはありがたいことです。

ただ個人的に日本では「グルテンフリー ダイエット目的の食事法」というイメージが先行している気がしなくもないので、グルテンの及ぼす影響についてまとめてみましょう。
グルテンは消化できる人には何の問題もないのですが、消化できない人では気がつかないうちに様々な体の不調を引き起こしている可能性があります。それはアルコールを飲めない人が無理して飲めば調子が悪くなるのと基本的には同じ原理

グルテンをうまく消化出来ていないかも⁉️疑うべき症状の一つは、便秘や下痢
そもそもグルテンとは麦や大麦などの加工食品に含まれるたんぱく質の一種で、強い弾力と粘着性がありぱすたやうどんのモチモチとした食感のもとになっています。

これらが消化器官で分解されないまま胃壁や腸壁にくっついてしまうと、便秘や腹痛、下痢などにつながるのではと推測されています

グルテンへの耐性を確かめるには?

つまり長年便秘や下痢に悩んでいる人の中にはグルテンが原因の人もいるかもしれないということ。

原因を簡単に確かめるのであれば2週間位グルテンを抜いてお通じの変化を見てみるのも一つの手です。それほど厳密に行う必要はありませんので、大まかに次のような項目を参考にしてみてください。

● パンやパスタはお米やお蕎麦、ライスヌードルなどに変更 
から揚げや天ぷらなどは衣にグルテンが含まれるので避ける
添加物にグルテンが含まれることがあるので、インスタント食品やハムやソーセージなどの加工食品を避ける
● 洋菓子やスナック菓子を控える

こうしてグルテンを抜いてみてお腹の調子がよくなれば、グルテンによって何らかのダメージを受けていたということ。
今後の食生活を見直す良いキッカケになると思いますよ。

 

「医食検定」では、グルテンフリー食についてさらに詳しく学べます

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

〔シェフドクター “大友 ピエール 博之” の正体〕

医師・料理研究家

・日本のみならずロサンゼルス、フランス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、運動療法を取り入れた新しい統合医療を提案している。

・料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ

・ワインにも造詣が深く、フランスの主要産地から名誉ある騎士号を叙任している。

ボルドーワイン騎士団コマンドリー
ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ
シャンパーニュ騎士団シュバリエ

またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら