機能性ディスペプシア⑩ 水分摂取の重要性【動画】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Dr.ピエール大友 (イシペディア編集長)

機能性ディスペプシアのお話をお伺いしてきましたけれど、食べ物以外で何か普段から気をつけられることって何か有るのかしら。

Dr.菰池 (たまち徳栄ビルクリニック院長)

一番簡単にできることって、水分をたくさん摂ることだと思いますね。

Dr.ピエール大友

水分・・・。

Dr.菰池

はい。

Dr.ピエール大友

水分・・・。どういう意味ですか。

Dr.菰池

朝起きてからお水を飲んだりする、すぐ飲むっていうのは、胃とか腸を湿らせるのにいいとか、動かすのにいいって言われています。実際に脱水症状になったり、脱水ぎみになったりすると、胃腸の動きって悪くなってしまいますよね。

Dr.ピエール大友

僕の患者さんにも、お白湯がいいとか、温度の話だったり、そういうことを仰る方がいますけど、専門医の目から見てそういうのはどうですか。

Dr.菰池

人によって、多分違うと思うんですけど、体温と近い温度の方が、お腹にはやさしいと思います。冷たいのがお好きだって方はそれでいいかもしれませんけど、多分、お白湯がいいと思います。温度的にも。

Dr.ピエール大友

お白湯がいい。古来から飲まれているのには何か一定の意味があるんですね。

Dr.菰池

はい。

Dr.ピエール大友

水分を摂ったらいいって言うと僕の患者さんとかだと、アルコールどうですか?とか、ビールどうですか?ワインどうですか?というお話になるんですけど。コーヒーとか、そうういった嗜好品って言われているものはどうですかね。

Dr.菰池

悪くはもちろん無いと思いますけれども、何事も限度が、節度が大事ですので、少なくとも胃の症状に困っていらっしゃる方は、アルコールは控えていただく。

カフェインも、アルコールも、当然、機能性ディスペプシアには悪い影響がありますので。かと言ってゼロにする、そのストレスも逆にデメリットになるでしょうから、適度な量を守って頂いて、その分多めに水分を摂って頂いて、胃腸を活性化するイメージが大事かと思います。

Dr.ピエール大友

確かに、アルコールを飲むと飲んでる以上に利尿がついて、オシッコが出てしまったりして結果的に脱水になることもありますものね

Dr.菰池

そうですね。

 

大友博之 渋谷セントラルクリニック エグゼクティブ ディレクター

日本抗加齢医学会専門医、日本麻酔科学会専門医、日本医師会認定産業医

最先端の西洋医学と東洋医学をハイブリットした統合医療で注目されている。Ishipediaでは、世界中で出会った根本的な治療を広めることをモットーにしている。ワインと健康食の愛好家しても名高く、ボルドーワイン、ブルゴーニュワイン、シャンパーニュワイン騎士団、日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のメンバー

菰池信彦 たまち徳栄ビルクリニック院長

日本内科学会認定医、日本消化器病学会認定消化器病専門医、日本消化管学会認定指導医、日本肝臓学会肝臓専門医、日本ヘリコバクターピロリ学会認定感染症認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本カプセル内視鏡学会認定医、日本医師会認定産業医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら