⑩ 乳がん 再発予防のためには

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【Dr.大友とDr.川村の対談動画はこちらをclick】

Dr.大友 (イシペディア編集長)
乳がんは再発を気にしなくてはならない期間が他のがんよりも長いというこでした。そこでどのようなライフスタイルが良いのかをDr.川村に改めてお伺いしたいと思います。

Dr.川村(川村病院副院長)
はい。

Dr.大友
まずお食事で気を付けるべきこととかを少しまとめて頂けますか。

Dr.川村
個人的には、食事は生きていく中で楽しみの一つだと思います。今回の対談ではこういったものが良いとかこういったものは良くないとか有りました。でも極端にそれを摂ったり逆に摂らないといったことではなく、そういったことをを頭の中に片隅に入れて悪いものは摂り過ぎない、良いものはなるべく摂るように心がけてほしいですね。個人的には肥満にならないような食生活を気を付けて頂ければいいかなと思います。

Dr.大友
肥満にならないためには運動も大事というこですね。

Dr.川村
運動ももちろん大事ですね。

Dr.大友

僕は食事指導に関しては厳しい派なので、どんなものを摂ったらいいのかということをより具体的にまとめたいと思います。何せ一番大事なのは野菜をたくさん摂ること。

Dr.川村
そうですね。野菜中心の生活の方がいいと思います。

Dr.大友
野菜が重要な理由は食物繊維だったりとかビタミンだったりとか腸内環境を高めたりっていう観点からと言うことでよろしいですか。

Dr.川村
野菜が大事というのは乳がんだけでなく、あらゆる病気も含めて野菜中心の方が病気になりにくいと言われています。

Dr.大友
お魚お肉であればお魚の方が望ましい。それは脂の種類がオメガ3で炎症を抑えるからということですね。

Dr.川村
そうですね。

Dr.大友
今日の結論からすると加工食品や加工したお肉とかは避けた方がいいということでよろしいですか。

Dr.川村
はい。

Dr.大友
それ以外に気にしておいた方がいいことって有りますか。

Dr.川村
お酒も摂り過ぎない。

Dr.大友
はい。

Dr.川村
煙草はもちろん止めた方がいい。あとは大豆イソフラボンも意識的に摂るといったとこですかね。

Dr.大友
基本的には活動量を上げて健康的な生活をするということが太らないことにつながるようにがんの予防にも良いということですね。それにイキイキ出来ることが重要ということでよろしいでしょうか。

Dr.川村
はい。

Dr.大友
勉強になりました。

 

大友博之 渋谷セントラルクリニック エグゼクティブ ディレクター

日本抗加齢医学会専門医、日本麻酔科学会専門医、日本医師会認定産業医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)

免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療で著名人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほど鍼治療の名手で東洋医学にも造詣が深い。

またワインと健康食の愛好家しても名高く、ボルドー、ブルゴーニュ、シャンパーニュのワイン騎士団から名誉ある「シュバリエ」を叙任されているほか、料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有する美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会の「オフィシエ」でもある。

川村雅彦 川村病院副院長
日本外科学会 専門医、日本消化器外科学会 専門医指導医、日本消化器内視鏡学会専門医指導医、日本消化器病学会 専門医、消化器がん治療認定医、日本乳癌学会 認定医、日本医師会認定産業医

‘診断から治療、看取りまで’をモットーにどんな時も患者さんの心に寄り添える医師を心がけています。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら