⑬ 機能性ディスペプシア 酸っぱいものは身体にいいはずだけど

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【DRピエール大友と菰池先生の対談動画はこちらをclick】

Dr.ピエール大友 (イシペディア編集長)

辛いものが胃腸への刺激になるって話を聞いたけれど、酸っぱいもの。お酢とか、酸っぱいもの、レモンとか、そういうのも結構刺激になる人もいるよね。

Dr.菰池 (たまちホームクリニック院長)

そうですね。

Dr.ピエール大友

どうなんですか?実際のところ。

Dr.菰池

これもいろんな意見がありますよね。オレンジとかグレープフルーツとかキウイとかですかね。酸っぱいものはに負担がかかるっていう意見も確かに、あるのは確かですよ。私個人は、あまりそうは思わないですけどね。

Dr.ピエール大友

では、菰池先生、患者さんにフルーツ食べたいんだけどって言われたら、特にこんなフルーツは避けた方がいいとかそういう話はあんまりなさらないのですか。

Dr.菰池

そうですね。フルーツを避けた方がいいっていうのはお話しないですね。

Dr.ピエール大友

例えば、食間でいきなりフルーツを食べるのを避けた方がいいとか。おやつ代わりに、例えば食事をした後なら大丈夫とか、そういうのってありますか。

Dr.菰池

そうですね。やはり食後のデザートって言う意味ではいいと思いますけど。食前ね・・先ほどお話したような野菜から食べるようなものは基本でしょうから、あまりフルーツを先にというのはお勧めできません。

Dr.ピエール大友

ありがとうございます。

 

 

大友博之 渋谷セントラルクリニック エグゼクティブ ディレクター

日本抗加齢医学会専門医、日本麻酔科学会専門医、日本医師会認定産業医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)

免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療で著名人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほど鍼治療の名手で東洋医学にも造詣が深い。

またワインと健康食の愛好家しても名高く、ボルドー、ブルゴーニュ、シャンパーニュのワイン騎士団から名誉ある「シュバリエ」を叙任されているほか、料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有する美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会の「オフィシエ」でもある。

菰池信彦 たまちホームクリニック院長

日本内科学会認定医、日本消化器病学会認定消化器病専門医、日本消化管学会認定指導医、日本肝臓学会肝臓専門医、日本ヘリコバクターピロリ学会認定感染症認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本カプセル内視鏡学会認定医、日本医師会認定産業医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら