イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > 【シェフドクターrecipe】眠れない夜にはくるみマジックな棒棒鶏

【シェフドクターrecipe】眠れない夜にはくるみマジックな棒棒鶏

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

くるみで安眠効果を実験する

ストレスの指標は朝起きたときにすっきりしているかどうかが判断の一つ。
そういった観点からはDr.Pierreはもうすこし熟睡感が欲しいと思ってました。そこで話題のくるみによる安眠効果を実験すべく、ごまの代わりにくるみを使って棒棒鶏ソースを作ってみることに。

くるみに含まれるトリプトファンは、体内で「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンや体内時計を整えて自然な眠りへと誘うメラトニンの生成に役立ちます驚くことにくるみを食べるとメラトニンの血中濃度が3倍に上昇するとの研究結果もあり。セロトニンは心のバランスを整えてストレスを軽減してくれるので、ストレスの多い人には特におすすめです!

作り方は簡単。
すり鉢かハンドミキサーなどでねっとりとするまでくるみを潰したら、味噌と少量のオイスターソースを加える。その上でより酸の美しさによる複雑さを出したかったので、マスタード・干し・ワインビネガーの3つで酸味をプラス。あとはオイルで好みの濃度まで伸ばせば完成。
今回はナッツ繋がりでピーナッツオイルを使ったらぴったりとハマった。

くるみの香ばしさと濃厚さを酸味が引き立てる絶妙な味わい。我ながらとんでもなく美味しいソースがやつが出来てしまいました!

くるみはトリプトファンだけでなく、オメガ3脂肪酸の含有量がナッツ類で断トツでNo.1
オメガ3系脂肪酸コレステロールや中性脂肪を下げるだけでなく不安症状を軽くする働きもあるので、安眠効果がマシマシなこと間違いなし。

鶏肉は茹でずに弱火でゆっくりと皮目がパリッとなるように焼いて、濃厚くるみソースとビワのコンポートを添えたら熟睡のためにこれ以上ない一皿に。

ワインに絶対に合うと思ったけど、今宵は安眠のために我慢我慢。そのせいか朝まで幸せな気持ちでぐっすり睡眠。
睡眠に困っている人も困っていない人にも、くるみ棒棒鶏おススメです。

棒棒鶏 くるみペースト添え 医食同源レシピ

【材料】
鶏胸肉 : 1枚
ビワ : 2〜3個
アスパラガス : 2本
パクチー : 適量
くるみ : 50g 

(A)
味噌 : 小さじ1
マスタード : 小さじ1
梅干し : 1/2個
オイスターソース : 小さじ1/2
ワインビネガー : 小さじ1
ピーナッツオイル : 大さじ1/2

【作り方】
①鶏肉の皮目を下にしてフライパンに乗せ、空いたところにアスパラガスを置いて弱火にかけ、火が通るまで焼く

②種を取って半分に切ったビワを別のフライパンで弱火でトロトロになるまで加熱する

③くるみをすり鉢かフードプロセッサーでネットリしたペースト状にし、(A)の材料を混ぜ合わせる

④鶏肉が焼けたら食べやすく切り、くるみペースト、ビワのペースト、アスパラガス、パクチーをよそう

✳︎ ビワペーストは市販の無添加ジャムやアプリコットなどのジャムで代用するのもOK!

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

 

Dr. Pierre recently had a short sleep, and ask walnuts for help sleeping by using it as the sauce of the famous Szechuan chicken dish instead of sesame.

Walnut is the source of melatonin to induce natural sleep, and studies have shown that ingestion of walnut triples the blood levels of melatonin.Also, tryptophan contained in walnut produces serotonin called “happy hormone” in the body.Serotonin improves sleep quality by balancing the mind and reducing stress.

This sauce is easy to make.Crush the walnuts in a hand mixer until they become paste-like, then mix the miso and a small amount of oyster sauce.To add complex acidity, mix mustard, pickled plum, and wine vinegar.Then, adjust the density with peanut oil. Done.It has the exquisite taste with the aroma and richness of walnut and moderate sourness…you may need self-control to stop tasting!

Walunts have the highest omega-3 fatty acid content among the nuts.And since omega-3 fatty acids not only lower cholesterol and triglycerides but also lighten anxiety symptoms, they double the restful sleep effect.

Chicken is boiled and served cold in the traditional recipe of this dish, but this thick sauce goes well more with crispy hot chicken.So grill slowly over low heat, and serve with the walnut sauce and fruit compote!

Dr. Pierre fully enjoyed the dinner and got a good night’s sleep.
Please try this recipe on your sleepless night!

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら