ピーナッツ(落花生) ぴーなっつ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピーナッツは栄養価が高く、ひと粒で多くのエネルギーと栄養素を取り込むことができます。旬は10月~11月となります。

栄養素

ピーナッツには良質なたんぱく質が多く含まれています。たんぱく質は、筋肉や骨、そして血液など体を作る重要な栄養素です。そのため、疲れたときにピーナッツを食べると免疫力低下を防止することができます。

ピーナッツの約半分は脂肪ですが、その脂肪のほとんどがオレイン酸やリノール酸などの不飽和脂肪酸で、血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを下げ、動脈硬化などの生活習慣病を予防する効果があります。

また、ピーナッツにはビタミンが多く含まれています。特に、抗酸化作用があるビタミンEと、糖質と脂質を効率よく分解するビタミンB群のナイアシンが豊富です。 

その他、カリウム、マグネシウム、鉄などのミネラルもバランスよく含まれています。

ピーナッツの主な栄養成分(100gあたり

効能・効果

動脈硬化予防:不飽和脂肪酸が悪玉コレステロールの増殖を防ぎ血液をサラサラにする

糖尿病予防:ピーナッツに多く含まれる食物繊維が血糖値の上昇を抑える

二日酔い予防:ナイアシンが二日酔いの元となるアセトアルデヒドを分解する

冷え予防:ビタミンEが血流を促し血行不良を改善する

東洋医学的側面

  • 寒熱:平(体を温めも冷やしもしない)
  • 昇降・収散・潤燥:潤(体を潤す性質)
  • 臓腑:肺、腎
  • 五味:甘(補い滋養する作用)
  • 毒性:無毒

血を補い、出血を止める

動脈硬化予防

消化機能を整える

栄養素を上手に摂るための保存方法と調理方法

ピーナッツは、高温多湿を避けた冷暗所で保存します。一般的には、密閉できる容器に入れて冷蔵庫で保存するのがよいと言えます。

手軽に摂取できて豊富な栄養を含むピーナッツは、130粒が生活習慣病予防に効果的と言われています。包丁で細かく刻んだり滑らかにすりつぶすなど、工夫しだいで色々な料理に利用できます。

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら