すい臓がん⑩ すい臓を守るメイン料理【動画】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Dr.ピエール大友 (イシペディア編集長)

すい臓がんの方、すい臓がんを予防したい方も含めて、何かメインを考えたいと思うんですが。

Dr.菰池 (たまち徳栄ビルクリニック院長)

はい。

Dr.ピエール大友

すい臓がんを予防したい人は本当はお酒を飲まない方がいいんだろうなと思いつつも、せっかく二人でごはん食べてるから一杯くらい赤ワインでものみながらっていうストーリーで考えましょうか。すい臓がんの方はアルコールは絶対に避けた方が良いので・・・。

Dr.菰池

はい。

Dr.ピエール大友

メインの具材、何にしたらいいですか。

Dr.菰池

メインの具材ですかね。予防という観点からは先ほど話題に上がった鶏肉でしょうね、やっぱり。

Dr.ピエール大友

どうしましょう。

Dr.菰池

どうしましょうか。

Dr.ピエール大友

揚げちゃだめですよね。糖化ストレス、体の焦げ付きのことを考えて、できるだけ低温で調理したい。

Dr.菰池

そうですね。

Dr.ピエール大友

揚げるより焼く。

Dr.菰池

焼くより蒸す。

Dr.ピエール大友 

みたいなそういうストーリーですよね。

Dr.菰池

いいですね。蒸しですか。

Dr.ピエール大友 

蒸し、じゃあ、蒸して、バンバンジーみたいに。

Dr.菰池

中華ですと、バンバンジーになりますね。

Dr.ピエール大友

バンバンジーみたいに細く切りましょう。

Dr.菰池

はいはい、そうですね。

Dr.ピエール大友

後は、じゃあ備えるのは、何ですか。

Dr.菰池

うん。

Dr.ピエール大友

それだけ?

Dr.菰池

えっ!それだけだと寂しいですよね。個人的にはきゅうりを入れたいとこだけど、うーん。

Dr.ピエール大友

バンバンジーならねえ。特にすい臓がんを予防するための食事です。どうですか。動物性のタンパク質を増やさない方がいいから豆腐とか。

Dr.菰池

あー、豆腐いいですね。合うと思います。

Dr.ピエール大友

豆腐入れると、やっぱり野菜が欲しいかもしれないですね。

Dr.菰池

はい。何がいいですかね。

Dr.ピエール大友

アブラナ科。

Dr.菰池

あっ、アブラナ科!

Dr.ピエール大友

アブラナ科ですね。

Dr.菰池

うん。さっき出ましたもんね。そしたら、芽キャベツみたいなものですかね。

Dr.ピエール大友

芽キャベツ!?小さいキャベツ?

Dr.菰池

芽キャベツじゃな方がいいか。赤キャベツか。

Dr.ピエール大友

赤キャベツ。いいですね。

Dr.菰池

いいですね。

Dr.ピエール大友

ポリフェノール入っているし。

Dr.菰池

はい。色合いも良くなりますね。

Dr.ピエール大友

あとは?

Dr.菰池

あとは?

Dr.ピエール大友

ちょっと抗酸化物質が欲しいな。

Dr.菰池

あ~。

Dr.ピエール大友

旨味も欲しいなあ。

Dr.菰池

旨味が欲しい。

Dr.ピエール大友

ミニトマト

Dr.菰池

ミニトマト。いいですね。

Dr.ピエール大友

あんまり糖度が高くないやつ。

Dr.菰池

はい。

Dr.ピエール大友

入れて、ソースいかがしましょう?

Dr.菰池

ソース、味付けどうしましょうか。オリーブオイルじゃ、ちょっと寂しいですよねえ。

Dr.ピエール大友

最初にオリーブオイルのサラダを食べてますから。

Dr.菰池

ねえ、一品目、出てますからねえ。ごま油くらい使いますか?

Dr.ピエール大友

ごま油?ごまペーストはどうですか。

Dr.菰池

ごまペースト。ああ、なるほど。

Dr.ピエール大友

ごまペーストとして、もう油も多いし

Dr.菰池

なるほど、なるほど。

Dr.ピエール大友

ちょっとだけ、オリーブオイルで伸ばして。

Dr.菰池

はい、はい、はい、はい。

Dr.ピエール大友

それだけ??なんかもうちょっと、発酵物欲しくない?

Dr.菰池

そうですね。なんか想像するとね、もうちょっと味付けが欲しいとこですよね。

Dr.ピエール大友

先生、何がいいですか。

Dr.菰池

何がいいですか。何がいいですかね。

Dr.ピエール大友

味噌

Dr.菰池

味噌。いいですね。はい。はい。はい。

Dr.ピエール大友

味噌どうですか。味噌

じゃあ、ごまと、味噌と混ぜて

Dr.菰池

ごまと味噌。ああ、味噌効きそうですね。

Dr.ピエール大友

ね、それで、上にかけると、ちょっと赤ワインにも

Dr.菰池

合いそうですね。

 

【編集後記】

Dr.ピエール大友

すい臓がんで闘病されている方には、お酒を飲むというのはお勧めできませんし、真剣に闘病されている方にとっては一部不謹慎だったかもしれません。

ただ予防という観点から無理なくお食事は楽しく召し上がって頂いたほうが良いという考え方から赤ワインを飲みながらというテーマにいたしました。ご理解をいただければ幸いです。

 

大友博之 渋谷セントラルクリニック エグゼクティブ ディレクター

日本抗加齢医学会専門医、日本麻酔科学会専門医、日本医師会認定産業医

最先端の西洋医学と東洋医学をハイブリットした統合医療で注目されている。Ishipediaでは、世界中で出会った根本的な治療を広めることをモットーにしている。ワインと健康食の愛好家しても名高く、ボルドーワイン、ブルゴーニュワイン、シャンパーニュワイン騎士団、日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のメンバー

菰池信彦 たまち徳栄ビルクリニック院長

日本内科学会認定医、日本消化器病学会認定消化器病専門医、日本消化管学会認定指導医、日本肝臓学会肝臓専門医、日本ヘリコバクターピロリ学会認定感染症認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本カプセル内視鏡学会認定医、日本医師会認定産業医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら