芽キャベツ めきゃべつ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昔に比べるとよく目にするようになった芽キャベツ。形がコロコロしていて、なんとも可愛いらしいですよね。
芽キャベツは高温と多湿に弱いため、旬の時期は11月~3月の限られた時期に収穫され、多くが静岡産です。

栄養素

キャベツの栄養素と、組成はほとんど変わりませんが、水分量が少ないため、同じ重量あたりの栄養素を比較すると、キャベツよりも多く含まれている栄養素も多く見られます。特徴的なのは、葉酸とビタミンCです。成人の多くは、葉酸の1日推奨量が240μgなのですが、なんと、芽キャベツ100g240μgの葉酸が含まれています。ビタミンCは、キャベツの約4倍の含有量です。これらの栄養素は熱に弱いという性質がありますが、芽キャベツは、葉に包まれたまま調理するため、熱による栄養素の損失が比較的少ないのも嬉しいポイントです。

芽キャベツの主な栄養成分(可食部100g当たり 約5個分)

効能・効果

・胃の不調を解消:キャベツ類に特有のキャベジン(ビタミンU)は、胃の働きを助け、消化不良や胃もたれを軽減する効果が期待できます。

・皮膚の健康とストレスの軽減:芽キャベツに多く含まれるビタミンCは、体の細胞と細胞をつなぐコラーゲンの生成に大きく関わっており、皮膚や粘膜の健康維持に役立ちます。また、ストレスを受けたときに多く消費される栄養素なので、日頃からこまめに摂取しておくことが大切です。

東洋医学的側面

  • 寒熱: 平(体を温めも冷やしもしない)
  • 昇降・収散・潤燥:収(気を体の内に収める作用)
  • 臓腑:肝・腎・胃
  • 五味:甘(補い滋養する作用)・苦(気を降ろす、固める作用)
  • 毒性:なし

栄養素を上手に摂るための保存方法と調理方法

芽キャベツは緑色が濃く、固くしっかりと巻いていそうな物を選びます。また、手に持ったときになるべく重く感じるものにしましょう。

組織が硬く、小粒ながら芯もあるので、必ず茹でてから使用します。葉が固く巻いているため、つけ根から十文字に包丁を入れることで、内部まで熱が伝わります。

脂と相性が良いため、ソテーやフライが美味しいですが、煮込み料理やスープの具材など、幅広く活躍できる食材です。

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら