⑧ すい臓がん 油に気を付ける!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【Dr.大友とDr.菰池の対談動画はこちらをclick】

Dr.大友 (イシペディア編集長)
すい臓がんのリスクファクターとして、脂質が多すぎるのはよくないって話もあるので、恐らく調理する時も無駄にを使ったりするのは避けた方がいいんですよね。

Dr.菰池 (たまちホームクリニック院長)
そうですね。

Dr.大友
せっかく使うんだったらどんな油がいいとか皆さん色んなこと考えていると思います。オリーブオイルがいいんじゃないかとか、えごま油がいいんじゃないかとか。Dr.菰池はどういう風にお考えですか。

Dr.菰池
僕もオリーブオイルはすごくいいと思いますね。

Dr.大友
推奨派?

Dr.菰池
推奨派。自分でも使っています。

Dr.大友
はい。他はどうですか。

Dr.菰池
あとは脂肪分と言う意味では、ナッツ類ですね。

Dr.大友
って言うことは、逆に言うと料理はオリーブオイルで、極力それ以外は使わない。

Dr.菰池
うーん。油はね、はい。

Dr.大友
まずナッツの話をもうちょっとお伺いしたいなと思うんですが、オリーブオイルだと、例えば調理する時は火を入れ過ぎない方がいいとか、サラダにかけるくらいがいいとかあると思います。すい臓がんのことを考える上では何かお勧めありますか。

Dr.菰池
それも外国の報告だと、加熱しすぎない方がいいって言われていますね。

Dr.大友そうですよね。脂質が酸化する可能性がありますからね。

Dr.菰池
酸化、恐らく、そういうことだと思いますね。

Dr.大友
そうすると、オリーブオイルの中でもエクストラバージンオイルの方が良い?

Dr.菰池
はい。

Dr.大友
いいかも知れない。

Dr.菰池
体にはやさしそうですよね。

Dr.大友
なるほど。それ以外に、良質な脂質源としてナッツというお話があったんですが、ナッツ以外にも何かありますか。

Dr.菰池
ナッツと野菜になるのかも知れませんけど、アボカドなんかも良質な脂質源ですですね。

Dr.大友
なるほど。アボカドは結構ビタミンEも多いわけですが、その脂質を使って、アボカドを上手く使って油を使わずにお料理をしたりするといいってことですかね。

Dr.菰池
あの結論から言うとそうでしょうかね。極論ですけどね。

Dr.大友
なるほど。そうするとアボカドを何か和えたサラダのような感じにして、敢えてオリーブオイルをかけずに。

Dr.菰池
うーん。

Dr.大友
かけるなら、ちょっとオリーブオイルくらいで、極力、低脂質な、脂質を少ない、お食事をすることが大事?

Dr.菰池
予防にはいいでしょうかねえ。

Dr.大友
なるほど。

 

大友博之 渋谷セントラルクリニック エグゼクティブ ディレクター

日本抗加齢医学会専門医、日本麻酔科学会専門医、日本医師会認定産業医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)

免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療で著名人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほど鍼治療の名手で東洋医学にも造詣が深い。

またワインと健康食の愛好家しても名高く、ボルドー、ブルゴーニュ、シャンパーニュのワイン騎士団から名誉ある「シュバリエ」を叙任されているほか、料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有する美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会の「オフィシエ」でもある。

菰池信彦 たまちホームクリニック院長

日本内科学会認定医、日本消化器病学会認定消化器病専門医、日本消化管学会認定指導医、日本肝臓学会肝臓専門医、日本ヘリコバクターピロリ学会認定感染症認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本カプセル内視鏡学会認定医、日本医師会認定産業医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら