すい臓がん② アルコールとの関係【動画】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Dr.ピエール大友 (イシペディア編集長)

僕の周りはワインを飲む人がすごく多くて、皆さんすい臓がんに関しては戦々恐々としておられます。一般論として、そのすい臓がんとアルコールの関係ってどういう風に言われてるんですか。

Dr.菰池 (たまち徳栄ビルクリニック院長)

アルコールを飲み過ぎて慢性膵炎になったり、糖尿病をきたすような大酒家の方っていうのは、もちろんすい臓がんのリスクは増えます。

Dr.ピエール大友

なるほど。

Dr.菰池

その多分ワイン好きの方、あるいは、大友先生自身もそうなのかも知れませんけども。

Dr.ピエール大友

そうですね。はい(笑)。

Dr.菰池

お酒が好きな方って、お酒を分解する酵素って多分お持ちだと思うんですよね。

Dr.ピエール大友

なるほど。

Dr.菰池

すごく弱くて、真っ赤っ赤になって、いつまでもヘベレケになるまで飲むっていう方でなければ、そこまでのリスクにはならない。

Dr.ピエール大友

なるほど。

Dr.菰池

ではないかと。

Dr.ピエール大友

今、顔が赤くなるってお話でしたけど、食道がんとかすい臓がんでは顔が赤くなる人はリスクが高いっていうのは、最近とりだたされていると思うんですよね。その赤くなる理由を教えて頂けますか。

Dr.菰池

そうですね。赤くなる方のことをよく、フラッシャーと言うふうに言いますよね。

Dr.ピエール大友

フラッシャー。

Dr.菰池

アルコール分解酵素が、体の中に無い方が赤くなってしまう。

Dr.ピエール大友

なるほど。

Dr.菰池

顔が特に紅潮してしまうってことですよね。

Dr.ピエール大友

赤くなる方では、すい臓がんのリスクが高くなるということですかね。

Dr.菰池

そうですね。

Dr.ピエール大友

なるほど。

Dr.菰池

食道がんもそうですね。

Dr.ピエール大友

食道がんもそう言われてますね。すい臓がんでは因みにどのくらい高くなるんでしたっけ。

Dr.菰池

飲酒プラス喫煙ってことがあると、約10倍くらい危険が増えると言われていますよね。

Dr.ピエール大友

お酒、そのものっていうのも有るけれど、たばこも吸ってしまうと10倍

Dr.菰池

これは、かなりな確率ですよね。

Dr.ピエール大友

顔が赤くなって、たばこを吸うと、10倍。

Dr.菰池

はい。

Dr.ピエール大友

なるほど。お酒飲んでも赤くならない、つまりお酒強くて、たばこを吸っている人とかどうですか。

Dr.菰池

それは、恐らく、もう少し少ないでしょうかね。2倍とか3倍、先ほどありましたよね。

Dr.ピエール大友

なるほど、なるほど。お酒は、顔が赤くなる人は、とりあえず飲み過ぎてはいけないし、たばこを吸う環境で、周りが吸っていらっしゃるってとかも良くないんですよね。

Dr.菰池

そうですね。あの、最近よく言われてますけど、受動喫煙ですよね。

Dr.ピエール大友

副流煙問題ですよね。

Dr.菰池

はい。

Dr.ピエール大友

予防してくれるの、なんか無いんですか?飲み物で。

Dr.菰池

なるほど。これはね、緑茶とか、適度なカフェインというか、コーヒーですかね。こういったものは、予防効果があると今は言われていますね。

Dr.ピエール大友

過去に何回か菰池先生とした対談、肝臓がんの時はコーヒー4杯くらい飲むと丁度いいのかもしれないっていう論文が有るって話でした。すい臓がんとかは、いかがなんですか。

Dr.菰池

すい臓がんに関しても、一日3杯未満であれば、発症率はすい臓がんに関しては上げないと言われていますね。

Dr.ピエール大友

なるほど。4杯以上はだめってことですよね。

Dr.菰池

そうですね。はい。

Dr.ピエール大友

なるほど。より飲むと上がるって話がありますが

Dr.菰池

ありますね。これ国によって少し違うんですよね。アメリカの統計とかカナダの統計で、ちょっと違うんですけども。

Dr.ピエール大友

はい。

Dr.菰池

確かカナダとかでは10杯飲む方は、リスクが非常に高くなるって言われているそうですので。

Dr.ピエール大友

なるほど。

Dr.菰池

飲みすぎは、やはりよくないということでしょうかね。

Dr.ピエール大友

やっぱ、3~4杯くらいが、何かいい適度ラインってことですね。

Dr.菰池

恐らく、そうでしょうかね。

Dr.ピエール大友

お茶はどうですか。カテキンとかね、抗酸化物質の話が常に有るわけですが。

Dr.菰池

そうですね、今のところ日本では予防効果がどこまであるっていうのは言われていませんけども。

一般的に、抗酸化作用と出ましたけども、普通に考えると抗腫瘍効果も有ると思いますので。

Dr.ピエール大友

体の錆つきを抑えたり(抗酸化)とか、あとは、がんが大きくならないようにする効果(抗腫瘍効果)ですね。

Dr.菰池

なので、それだけをもちろん飲んでればいいという問題ではないですけれども、有る程度の予防効果ってのは期待できると私は思います。

Dr.ピエール大友

なるほど。ただ、論文としては、まだ無いということ。

Dr.菰池

まだ無い。

Dr.ピエール大友

なるほど。了解です。

 

大友博之 渋谷セントラルクリニック エグゼクティブ ディレクター

日本抗加齢医学会専門医、日本麻酔科学会専門医、日本医師会認定産業医

最先端の西洋医学と東洋医学をハイブリットした統合医療で注目されている。Ishipediaでは、世界中で出会った根本的な治療を広めることをモットーにしている。ワインと健康食の愛好家しても名高く、ボルドーワイン、ブルゴーニュワイン、シャンパーニュワイン騎士団、日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のメンバー

菰池信彦 たまち徳栄ビルクリニック院長

日本内科学会認定医、日本消化器病学会認定消化器病専門医、日本消化管学会認定指導医、日本肝臓学会肝臓専門医、日本ヘリコバクターピロリ学会認定感染症認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本カプセル内視鏡学会認定医、日本医師会認定産業医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら