③ すい臓がん 肥満はリスク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【Dr.大友とDr.菰池の対談動画はこちらをclick】

Dr.大友 (イシペディア編集長)
すい臓がんのリスクファクターに肥満が有るって何となく僕は結構意外だったんですね。

Dr.菰池 (たまちホームクリニック院長)
うーん。

Dr.大友
何か痩せてる人が多いイメージが有ったりしたからなんですけど。肥満って、どれくらいすい臓がんと関係しているものですか。

Dr.菰池
そうですね。肥満にも、程度がもちろんあると思うんですよね。健康診断とかでBMI(ボディ マス インディックス)を測りますね。

Dr.大友
はい。

Dr.菰池
体重/身長(メートル)で計算します。つまり身長と体重のバランスを見る数字なんですけれども、BMIでいうと30を超えると、それなりの肥満とされています。

Ex) BMI30は身長が160cmだと76.8kg

Dr.菰池
BMIで30を超える方はすい臓がんになりやすいと言われていますね。確率で言うと、大体3倍~4倍くらいと言われています。

Dr.大友
なるほど。一般的にはあまり太っていると体には良くないっていうことは言われていたわけですが、何が原因として考えられるんでしょうか。

Dr.菰池
そうですね。これはホルモンの血糖値とかホルモンとか、そういったところによるんですけども。耐糖能異常なんて言う言葉が最近有りますね。糖を代謝する能力が原因でしょうかね。

Dr.大友
はい。糖をうまく処理できない、処理する能力が低いってことですね。

Dr.菰池
はい。低くなってきてしまう。あるいは、高インスリン血症なんて言ってインスリンが血液中で高い状態になる。

Dr.大友
血糖を下げるホルモンが、うまく働かなくなって、たくさんインスリンが出てしまうってことですね。

 

大友博之 渋谷セントラルクリニック エグゼクティブ ディレクター

日本抗加齢医学会専門医、日本麻酔科学会専門医、日本医師会認定産業医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)

免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療で著名人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほど鍼治療の名手で東洋医学にも造詣が深い。

またワインと健康食の愛好家しても名高く、ボルドー、ブルゴーニュ、シャンパーニュのワイン騎士団から名誉ある「シュバリエ」を叙任されているほか、料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有する美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会の「オフィシエ」でもある。

菰池信彦 たまちホームクリニック院長

日本内科学会認定医、日本消化器病学会認定消化器病専門医、日本消化管学会認定指導医、日本肝臓学会肝臓専門医、日本ヘリコバクターピロリ学会認定感染症認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本カプセル内視鏡学会認定医、日本医師会認定産業医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら