⑤ 大腸がん 食材の選び方【穀類、豆、野菜】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【Dr.大友とDr.川村の対談動画はこちらをclick】

Dr.大友 (イシペディア編集長)
大腸がんを予防したりするのには食物繊維が多い方がいいと目にすることが多いと思います。大腸がんの術後3カ月くらいは食物繊維があんまり多すぎると、かえって体に負担がかかるというのはびっくりされる方も少なからずいらっしゃると思います。具体的に穀類だと、例えばどんな物を避けた方がよろしいんですか。

Dr.川村(川村病院副院長)
玄米。全粒粉とか。御赤飯とか、そういったものよりは、お粥、うどん、そういう方が消化がいい。

Dr.大友
ちょっと柔らかくて。

Dr.川村
柔らかいものですね。

Dr.大友
ちょっと食べやすい、柔らかいご飯だったり、あんまり固いお米だったりは柔らかくする、ってことですかね。

Dr.川村
はい。

Dr.大友
他に、例えば、食物繊維が含まれているものは、とかはどうですか。おまめさん。

Dr.川村
そうですね、豆そのものよりもそれを少し加工したもの、納豆とか、お豆腐とか、そう言った物の方がいいのではないかなと思います。

Dr.大友
いきなり大豆を食べちゃったりとか、枝豆をぱくぱく食べるよりは、少しすり潰したりして頂く。

Dr.川村
そうですね。

Dr.大友
吸収しやすい方法を考えるっていうことですかね。

Dr.川村
はい。

Dr.大友
あと、食物繊維といえば、皆さんお野菜を多分想像されると思うんですけれど野菜はカラダに良い。病気の予防のためには野菜がいいというのは誰しも、ある程度納得できるところだと思います。だからお野菜を食べたくなると思うのですが、例えば大腸がんの手術後に具体的に気を付けた方がいいお野菜ってありますか。

Dr.川村
食物繊維が多い野菜。代表は、ゴボウ、それから、レンコンたけのことかですね。

Dr.大友
たけのこですね。そうですよね。

Dr.川村
そういった類のものが、食物繊維が多いとされています。

Dr.大友
海藻も多いんでしたっけ?

Dr.川村
海藻もそうですね。やはり、消化にはあまり...消化しにくい食べ物の代表ですので。

Dr.大友
なるほど。

Dr.川村
そう言った物も、初期のうちは避けた方がいいのかも知れません。

Dr.大友
お野菜の中で他に気を付けた方がいい物とかってあるんですか。例えばお漬け物とかも野菜ですよね。

Dr.川村
そうですね。

Dr.大友
何か、固そうに見えるような、固くなさそうなって色々あると思うんですけど。

Dr.川村
大根そのものはいいと思うんですけれど、たくあんとか干した野菜ですね。お漬物は、少し消化に負担がかかるんじゃないかなと思います。

Dr.大友
なるほど。大根を食べたかったら、すりおろして、少しやっぱり食べやすくしてあげる方がいいということですね。逆に食べた方がいいお野菜とか、そういったものはあるんですか。

Dr.川村
食べた方がいいお野菜は消化にやさしいお野菜。ナスカボチャキャベツ、そう言った物は大丈夫じゃないかなと思います。

Dr.大友
腸のことを考えると少しすりおろして、消化しやすいようにしてあげるというとこがポイントでしょうかね。

Dr.川村
そうですね。

Dr.大友
なるほど。柔らかく煮たりしてあげるということですね。

 

大友博之 渋谷セントラルクリニック エグゼクティブ ディレクター

日本抗加齢医学会専門医、日本麻酔科学会専門医、日本医師会認定産業医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)

免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療で著名人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほど鍼治療の名手で東洋医学にも造詣が深い。

またワインと健康食の愛好家しても名高く、ボルドー、ブルゴーニュ、シャンパーニュのワイン騎士団から名誉ある「シュバリエ」を叙任されているほか、料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有する美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会の「オフィシエ」でもある。

川村雅彦 川村病院副院長
日本外科学会 専門医、日本消化器外科学会 専門医指導医、日本消化器内視鏡学会専門医指導医、日本消化器病学会 専門医、消化器がん治療認定医、日本乳癌学会 認定医、日本医師会認定産業医

‘診断から治療、看取りまで’をモットーにどんな時も患者さんの心に寄り添える医師を心がけています。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら