機能性ディスペプシア④ 生活習慣との関係【動画】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Dr.ピエール大友 (イシペディア編集長)

ところで、外来で機能性ディスペプシアの患者さんを診断したり、治療している時は生活習慣についての指導みたいなものはあるのですか。

Dr.菰池 (たまち徳栄ビルクリニック院長)

そうですね。一番大事なのは、生活習慣。あるいは食習慣ですね。

患者さんの声をまとめると、睡眠不足の方が多かったり、生活が不規則な方が多かったり。生活が不規則だと、食生活も不規則になりがちですし、飲酒とか、喫煙ということも関係してくると思います。

ですので、なかなか難しいかもしれませんけど、まずは生活を規則正しく戻していただく。食事を毎日三食バランスよくとっていただく。

あとは、細かいことですけど、食べた後にすぐ横になったりすると症状って出やすかったりしますし、睡眠時間がしっかり確保できてないと症状が出やすいので、その辺りは一番初めに指導する内容になりますね。

Dr.ピエール大友

今ね、多くの病気で「生活習慣」や「ライフスタイル」がすごく重要だと言われていることが個人的には興味深いと思っているのですけども。どうなんでしょうか。

例えば睡眠が取れなかったりする時は、食事を食べないで寝た方がいいんですか?

どっちが大事なんですか? 睡眠をとったらいいですか? 食事をとって寝た方がいいですか?

Dr.菰池

難しい質問ですね。それぞれのライフスタイルによって分けていいと思うんですけども。

先ほどもちらっと申しましたけれども、食べた後、すぐ横になったりって言うのは、胃酸分泌とかから考えると一番良くないです。どうしても、寝る時間を惜しんで食べなきゃいけないっていう必要はないと思いますけれども、睡眠時間はしっかりとって、寝る前、できれば2~3時間はご飯を食べていただかない方がいいと思います。

その辺は臨機応変になりますかね。

Dr.ピエール大友

なるほどですね。

 

大友博之 渋谷セントラルクリニック エグゼクティブ ディレクター

日本抗加齢医学会専門医、日本麻酔科学会専門医、日本医師会認定産業医

最先端の西洋医学と東洋医学をハイブリットした統合医療で注目されている。Ishipediaでは、世界中で出会った根本的な治療を広めることをモットーにしている。ワインと健康食の愛好家しても名高く、ボルドーワイン、ブルゴーニュワイン、シャンパーニュワイン騎士団、日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のメンバー

菰池信彦 たまち徳栄ビルクリニック院長

日本内科学会認定医、日本消化器病学会認定消化器病専門医、日本消化管学会認定指導医、日本肝臓学会肝臓専門医、日本ヘリコバクターピロリ学会認定感染症認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本カプセル内視鏡学会認定医、日本医師会認定産業医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら