イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > [ドクターの㊙レシピ] シャンパーニュのおつまみ お疲れのときver.

[ドクターの㊙レシピ] シャンパーニュのおつまみ お疲れのときver.

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鶏の胸肉で疲労回復!

連休だったけど怒涛のお仕事モードだったピエール。そんな忙しい仕事の終わりを癒してくれるのは、やっぱりシャンパーニュ。

ということで、今日は疲れた時に嬉しいシャンパーニュのおつまみについて考えたい
ピエールの理想は疲れていてもサッと作れて、遅い時間でも胃腸に響かず、さらに疲労すら回復してくれそうなもの。

キーとなる食材に選んだのは、鶏むね肉新鮮なものにレアに火を通して、オイスターソースとレモン汁でマリネ。
この日選んだアンリオからは柑橘やグレープフルーツがプンプン香る。こうしてワインから湧き出る香りに、同じような香りを漂わせる食材を合わせるのもシャンパーニュの愉しみ。今回は白桃とピンクグレープフルーツと鷄を和えてあっという間に前菜が完成

実は鶏のむね肉を選んだのにはとっておきの理由が!
何千キロという距離を飛び続ける渡り鳥や、疲れ知らずで水中を泳ぐ回遊魚。その共通点は彼らが体内に秘めているイミダゾールジペプチド抗酸化力が強く、活性酸素による酸化ストレスが引き起こす疲れを軽くするこの成分が、彼らの原動力。

そしてこの成分を多く含む食べ物の代表が、鶏むね肉ってこと。
さらにフルーツに含まれるビタミンCにはイミダゾールジペプチドの効果をより早く実感させる働きがあるから、最高の取り合わせと言えます。

もし、台所に立つ気力もない!という時は仕事帰りに焼き鳥をテイクアウト。串から外してフルーツと和え、レモンを絞れば立派な前菜になるかなと夢想したり。

季節ごとに合わせるワインの香りに合わせてビタミンCリッチなフルーツで色々とお試しください

鶏むね肉とフルーツのサラダ  医食同源レシピ

【材料】
むね肉 : 1枚
: 小さじ1/4
ピンクグレープフルーツ : 1/2個
: 1/2個
レモングラス : 1本…なるべく薄く切ってから粗みじんに切る
ミントの葉 : 適量

(A)…ボウルに混ぜ合わせておく
レモン汁 : 大さじ1
オイスターソース : 大さじ1
レモンオイル : 少々

【作り方】
①スープストックかお湯を沸かして鶏肉を入れ、2分茹でて引き上げて全体に塩を振る

②鶏肉のあら熱が取れたら繊維に沿って食べやすい大きさに裂き、Aのドレッシングに浸けてしばらく置く

③ボウルに食べやすく切ったフルーツとレモングラス、ミントの葉、鶏肉をドレッシングごと入れて和える。

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

 

The fine champagnes always heal the hard day of Dr. Pierre.

And the photo shows the perfect appetizer for Champagne, easy to make, easy on the stomach, and has the excellent fatigue recovery effects.

The key ingredient is ‘chicken breast’.Boil quickly and soak in oyster sauce and lemon juice, then mix with peach and pink grapefruit to match the scent of the champagne.

Chicken breast has the great effect for fatigue recovery.Because it contains a very large amount of “imidazole dipeptide” to reduce fatigue from oxidative stress due to active oxygen.

In addition, Vitamin C makes the effect more quickly realized, so those fruits are the best partners.If don’t even have the energy to cook, take away grilled chicken.Cut it up, add some fruit and squeeze the lemon, it can be the beautiful appetizer.
Try various fruits with rich vitamin C!

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら