イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > [ドクターの㊙レシピ] ココナッツミルク味噌で”食べる輸血”をやっつける

[ドクターの㊙レシピ] ココナッツミルク味噌で”食べる輸血”をやっつける

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイ料理の万能ディップを医食同源的に!

ココナッツミルクに味噌、はタイでは割とポピュラーなお料理。

でもお味噌といっても日本のものと種類が違うし、甘いのがどうしても気になっていました。せっかく、糖質が牛乳の約1/4、豆乳の約1/2と低いココナッツミルクを使うのだから、ノンシュガーで低糖質の野菜ディップにアレンジしたのが本日のピエールレシピ。


ココナッツミルクだけでも十分な甘さはあるのだから、それを引き立てる旨み成分があればよいはず…ということで加えたのがトマトわざわざ買う必要はなくて、サラダの時に使うようなヘタの部分を普段より厚めに切り落とせば大丈夫。それを絞り出した汁で十分にソースに旨みも加えられるし、抗酸化作用の強いリコピンが摂取できますよ!

いのが好きな人は唐辛子、苦手ならパプリカを加えると、ともすれば単調になりがちなココナッツミルクの良いアクセントになります。

このココナッツミルク味噌はどんな野菜にも合うんだけど、今回ご紹介したいのは赤カブと黄色いビーツディップに味噌を使っているから、カリウムがたっぷり含まれたこれらのお野菜で塩分デトックスを狙ったわけです。

ちなみに味噌は自家製です。

ビーツは「食べる輸血」と呼ばれるほどのスーパーフード

ビーツはビタミンミネラルが豊富なうえ、体内でNO(一酸化窒素)を生成するのに効果的な食材として注目を集めています。このNOは、血管を丈夫にするのにとっても大事。

血圧が高い人や男性機能を高めたい人にも必要不可欠な代物。またNOにより多くの血液や酵素を体内の組織に運べるようになるから身体の再生にも必要です。加齢とともに体内での産生量も低下しがちなので、疲れが抜けないと感じる方にはおすすめのお野菜です。

生野菜にお味噌も昭和感があって捨てがたいけど、一手間加えてエスニックなディップにしてみるとワインにも合うようなおつまみにもなりますよ!

ビーツのサラダ 医食同源レシピ

【材料】
(ディップ)
ココナッツミルク : 2カップ
豚挽肉 : 80g
味噌 : 大さじ2
塩 : 小さじ1/2
トマト : 1/2個分
赤唐辛子 : 1/2本…種を取って小口切り

(お野菜)
お好みの生のお野菜(今回は赤カブと黄色いビーツ)

【作り方】
①ココナッツミルクを鍋に入れて弱火にかけ、沸騰したら挽肉を加える

②挽肉に火が通ったら味噌と塩で調味をし、とろみがつくまで15分ほど煮詰める

③トマトを潰して果汁と果肉を加え、全体に馴染んだらディップの完成!お好みで赤唐辛子を散らす

④最後にお好みのお野菜にディップを添えて盛り付ける

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

 

Coconut milk & miso dip to strengthen blood vessels.Coconut milk and miso dip is a popular dish in Thailand, but I was worried about the amount of sugar.So taking advantage of the low carbohydrate content of coconut milk, arranged it into the non-sugar dip.I added tomato as an umami ingredient to enhance the sweetness of coconut milk itself.It adds flavor to the sauce, and you can take lycopene which has a strong antioxidant effect!

This dip goes well with any vegetables, and this time I choose red turnips and yellow beets.Considering the salt content of miso, I think I need vegetables contain plenty of potassium.Actually, beetroot is a superfood called “Miracle vegetable”.In addition to being rich in vitamins and minerals, it is an effective ingredient for producing NO (nitric oxide) in the body.

NO strengthens blood vessels and is an indispensable substitute for improving high blood pressure and male functions.The amount of production in the body tends to decrease with age, so beetroot is recommended for those who feel tired.This ethnic dip also goes well with wine.

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら