ビート びーと

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本では、あまりなじみのない野菜ですが、海外での代表的なビート料理といえばロシア料理のボルシチです。

国内では目立った産地がないため、政府の統計データにもなく、個々の農家が栽培して、直営所で販売している状況です。主に、春蒔きは6月~8月、秋蒔きは11月~12月に収穫されます。

栄養素

砂糖大根と同じ種類であることから、根は56%のショ糖を含んでいます。大根など他の根菜類23%なので、かなり甘みは強いのが特徴です。他には、カリウムや葉酸なども多く含まれています。

ビートの主な栄養成分(可食部100g当たり)

効能・効果

・がんや生活習慣病の予防:ビートの鮮やかな赤色はベタシアニンというポリフェノールの一種です。抗酸化成分を多く含んでいるため、体内の炎症の原因である活性酸素が増えるのを防ぎます。

・血行の改善:体内で一酸化窒素に変わる「硝酸塩」を含んでおり、血行を改善して血管を柔らかくする作用があると言われています。これにより、血圧を下げたり、血栓を防ぐことも期待されます。

東洋医学的側面

  • 寒熱:温(穏やかに体を温める)
  • 昇降・収散・潤燥:昇(気や熱を上昇させる)・燥(体に溜まった余分な水分を排泄する)
  • 臓腑:肝
  • 五味:甘(補い滋養する作用)
  • 毒性:なし

栄養素を上手に摂るための保存方法と調理方法

形がきれいな丸みをおび、表面に凹凸のないものを選ぶようにしましょう。泥付きのものは切ったときの赤色がきれいなのでおすすめです。

カットされたものはラップで包み、ポリ袋に入れて野菜室で保存します、葉付きのものは、葉をすぐに切り落とし、それぞれポリ袋に入れて野菜室で保存するようにしましょう。

生のままサラダとして食べることもできますが、通常は茹でて使用します。カットしてしまうと、赤色が流れ出てしまうため、茹でる際は皮付きのまま茹でます。付け合せとして添えたり、ポテトサラダに混ぜると、料理に彩りを添えてくれます。

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら