イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > タイ料理の定番カオマンガイに抗酸化のアレンジを!

タイ料理の定番カオマンガイに抗酸化のアレンジを!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

待望のシェフドクターピエールレシピはカオマンガイ!


鶏肉とその茹で汁で炊いたお米は確かに美味しいのだけど、糖分、脂質から来るカロリーの高さがやっぱり気になります。

 

【作り方】
1. 2口大ぐらいの鶏肉に生姜パクチーの根をのせて蒸し、香りをつけながら余分な脂を落とします

2. ソースは生姜、ニンニク味噌がベース。本来はお砂糖お酢を入れるところにトマトを使うのがピエール流。 甘味と酸味、それにグルタミン酸の旨みだけでなく、リコピンによるアンチエイジング効果も期待出来ます。

お好みで唐辛子を加えれば、発酵+カプサイシンのヘルシーソースの完成。

3. 蒸した鶏肉は、あえて薄切りせず歯ごたえを残して、より旨味を感じられるように。ペースト状にした色鮮やかなビーツの上に乗せれば、見た目だけでなく更なるビタミンチャージも。

 

Kaomangai, Thai style’s chicken rice, is really delicious but I care about the high calorie deriving from carbohydrates and fat.
So I add some change to the originalrecipe! ・Steam chicken with ginger and coriander roots to drop off the excess fat while adding aroma.
・The sauce is based on ginger, garlic and miso. Originally, sugar and vinegar are added. The Pierre’s style is to use tomatoes instead. I also like to add some chilles for capsaicin effect.
・Put the chicken on paste of beets, makes it not only good appearance but also for the maximum vitamin power!

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら