鶏肉 とりにく

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鶏肉は、良質なタンパク質で、ビタミンAが豊富に含まれ、必須アミノ酸のバランスの良い通年の食材です。

部位ごとに栄養素が異なりますが、牛肉豚肉などと比べると低脂質であるため、タンパク質をしっかりと摂取しながら脂質を抑えることができます。

栄養素

鶏肉には、タンパク質はもちろんのこと、ビタミンAビタミンBや、カリウムといった体の調子を整えるために不可欠な栄養素も豊富に含まれています。また、豚肉などに比べて、メチオニンというアミノ酸が豊富に含まれています。これは、肝臓の機能をサポートする栄養素ですので、脂肪の肝臓への蓄積を防ぐ働きがあります。お酒をよく飲む人や高カロリーな食事が続いている人にはよい食材といえるでしょう。

鶏肉の主な栄養成分(可食部100g当たり)

(もも肉皮付きの場合)

  • エネルギー・・・253kcal
  • タンパク質・・・17.3g
  • カリウム・・・160mg
  • ビタミンB1・・・70μg
  • ビタミンB2・・・230μg
  • メチオニン・・・540mg

【効能・効果】

免疫の維持

タンパク質をしっかり摂取し、同時にビタミンも摂ることができるため、免疫力の低下を防ぎます。

代謝の促進

ビタミンB1の働きによってエネルギーの代謝を促進します。

むくみ予防

カリウムの働きにより、体の余分な水分を体外へ排出し、むくみを予防します。

肝機能の維持

メチオニンの働きにより、脂肪肝を防ぎ、肝機能の維持をサポートします。

東洋医学的側面

  • 寒熱:温性
  • 昇降・収散・潤燥:昇潤
  • 臓腑:脾、肺
  • 五味:甘
  • 毒性:なし
  • 中焦に属する脾胃の気を補益する。精と髄を補う。気を降ろし、上逆を止める。

栄養素を上手に摂るための保存方法と調理方法

鶏肉は、購入したらすぐに1回分の量に小分けして、ラップなどで包んでから、密封出来るポリ袋などに入れて保存しましょう。

鶏肉の栄養素をしっかりと摂取するためには、揚げる調理がおすすめです。脂肪が多いのは皮ですが、皮を除くとコラーゲンも失うことになります。脂肪やコラーゲンまでしっかり摂取するためには、煮汁まで食べられるスープなどが良いでしょう。

参考

  • 食品成分データベース(文部科学省) 
  • 栄養教諭のための食肉の知識(農畜産業振興機構)
  • 早わかり薬膳素材 食薬の効能・性味・帰経(主編:辰巳洋 出版:源草社)

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら