イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > [ドクターの食卓から] 日光浴とキクラゲでコロナウィルスを撃退

[ドクターの食卓から] 日光浴とキクラゲでコロナウィルスを撃退

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビタミンDとコロナの関係

壹番は熱海で有名な中華屋さん。ここは餃子がとても有名なのですが、今回はコロナ対策としてキクラゲ炒め物を合わせてオーダー。というのもインドネシアの公立病院からビタミンDとコロナの関係が発表されて以来、ピエールのまわりではビタミンDのことが話題沸騰中!

-研究のまとめ-
新型コロナウイルスにかかってしまった場合、血中ビタミンDが低下している(20ng/ml未満)と正常値の人と比較すると死亡率が7.6倍、血中ビタミンDが欠乏している(30ng/ml未満)と10.1倍も高かったようです。

ビタミンDと季節の関係

ビタミンDは主に太陽の力で体内で生成されるので夏に高く、冬に低い傾向にあります
日本ではビタミンD濃度が30以上になっているのは8月、9月の限られた季節で、太陽の力が弱まるにつれて徐々にビタミンD濃度も低下していきます。

明日から10月だということを考えると自宅の窓ごしでもいいので紫外線を浴びてビタミンDを体内で生成するのがベスト!

実は食べてもビタミンDはわずかしか取り入れることしかできません。それでもキクラゲはビタミンDを豊富に含んでいる食材なので、ピエールはチャンスがあれば食べるようにしています。

肌寒い日が続くようになりました。皆様もくれぐれご自愛くださいね。


中国菜室 壹番
静岡県熱海市咲見町7−48

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

〔シェフドクター ピエールの正体〕

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら