スペインのしし唐を食べて美肌になる 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペインの風物詩「パドロンの素揚げ」

風の気持ち良い季節に小笠原伯爵邸のガーデンでディナーをいただきました。
前菜に出てきたのがスペインのしし唐ともいえるパドロンの素揚げ。パドロンというのはスペイン北西部ガリシア地方にある生産地の村名で、これを素揚げにしたものはスペイン人の大好物で夏の風物詩でもあります。

今回はセーフだったけど、10個に1つぐらいの割合で激辛のものが混じっているロシアンルーレット状態の危険なお料理。これは気温差や雨不足によるストレスでカプサイシンが増えるからのようで、スペインではうっかり激辛のパドロンに当たってしまった時にはパンにしたたるほどのを浸して口に入れろと言われます。

日本産パドロンのビタミンで美肌に!

今回いただいたのはスペイン産ではなく、日本ではほとんど生産されていなかったパドロンを岩手県遠野市で作り続けている農家さんのもの。素揚げにされたパドロンはしし唐よりも肉厚で甘みがあり、スペインで食べた味そのものの味でした。

遠野市はビールの原料であるホップの産地。そこでビールのおつまみになる野菜を作るというだけでも面白いのですが、畑の土にはビール製造のときに出る麦芽カスを再利用して植物性堆肥として混ぜ込んでいるというからよりありがたみがあるってものですちなみにキリンビールが東日本大震災の復興支援として、被災地のさまざまな活動を支援しているプロジェクトの一つに選ばれているようですよ。

しし唐やピーマンビタミンCビタミンEが多く含まれていて抗酸化力を高めるには最適な食材。シミ、ソバカスの原因であるメラニン色素の沈着を抑制し、コラーゲンの生成も助けてくれます。

一般的には熱に弱いビタミンCですが、しし唐やピーマンのものは加熱調理しても壊れにくいのが嬉しいところ。

他にもビタミンAも多いので、肌や粘膜の再生にも良いので美肌やドライアイにも期待大。ビタミンAは脂溶性ビタミンなので、素揚げすることによって吸収力アップ!

今が旬のパドロン、一度お取り寄せする価値大ですぞ。

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

小笠原伯爵邸
東京都新宿区河田町10−10

 

A Spanish restaurant in 100-year-old historic building in tokyo.

The appetizer at the garden dinner was fried’pimientos de padron’.Padron is a vegetable of Galicia in northwestern Spain, and the deep-fried one is a favorite of Spanish people.What is interesting is about one out of ten is extremely spicy.This is because capsaicin increases by stress due to temperature differences and lack of rain.

The one Dr.Pierre ate was not from Spain, but Northeast part of Japan.Peppers contain a lot of vitamin C and vitamin E to enhance their antioxidant power.
And it suppresses the deposition of melanin pigment and also helps the production of collagen.Generally, vitamin C in peppers is weak against heat, but that of peppers is resistant to heat.It also contains vitamin A, so it’s effective for dry eye.

So try the padron in this best season and get beautiful skin!

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら