⑧ 食道がんの珍しい型である腺がんは乳脂肪にリスク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【Dr.大友とDr.川村の対談動画はこちらをclick】

Dr.大友 (イシペディア編集長)
食道がんの中では10%しか無いから多い方ではないのかも知れませんが、腺がんについてお伺いさせていただきます。
食道腺がんは食道扁平上皮がんのリスクファクターとは違うんですか。

Dr.川村(川村病院副院長)
厳密にいうと少し違います。
けれどもリスクを増やすものとしては扁平上皮がんと同じように加工食品、ソーセージ、ハム、ベーコンがあげられます。
そういったもの他に、あまりに乳脂肪分の高いものそういうものは腺がんのリスクを上げるとされています。

Dr.大友
乳脂肪分は新しい食材ですね。扁平上皮がんには確か含まれなかったと思うんですが。

Dr.川村
はい。

Dr.大友
でも自分がどっちにのタイプの食道がんになるか(腺がんが扁平上皮がん)って分からないですよね。事前に特有な症状が有るんですか。

Dr.川村
症状は扁平上皮がんとさほど変わらないと思います。
まずは食べ物を食べた後に沁みる感じとか食べ物が逆流する感じが最初の方に出るんではないかなと思います。

Dr.大友
腺がんの発生は食道の下の方に多いという話しでしたね。

Dr.川村
腺がんは胃と繋がるところに多いですね。

Dr.大友
逆流症状が有ったり、バレット食道みたいなことを内視鏡で指摘されているような人は、乳脂肪分が多い牛乳を飲みすぎたりとかアイスクリームを食べたりとかは避けた方がいい。

Dr.川村
摂り過ぎないという方がいいということですね。

Dr.大友
Dr.川村的には、その前に煙草とお酒を止めようという話でしたね。

Dr.川村
そうですね。

Dr.大友
それは当然のこととしておいて、腺がんのためには乳脂肪も気を付けた方がいいとなるとどうやって減らせばいいですか?

Dr.川村
腺がんに関しては、扁平上皮がんの際にも申し上げているようにお野菜果物を積極的に摂っていただくことが大事かなと思います。

Dr.大友
特にお勧めのお野菜とかありますか?こういうの食べたら良いよとか。

Dr.川村
お野菜に関してはビタミンAビタミンCビタミンEが豊富なお野菜を食べるといいと思います。

Dr.大友
やっぱり緑黄色野菜ですかね?

Dr.川村
緑黄色野菜ですね。

Dr.大友
繰り返しになりますが、その他でしたらアブラナ科のお野菜がお勧めなのですよね。

Dr.川村
キャとか大根とか先ほど仰っていたルッコラとかブロッコリー

Dr.大友
ブロッコリーとかケール
ちょっと若い女性がお洒落に食べたそうな食べ物ですね。

Dr.川村
そうですね。

Dr.大友
僕らも若いつもりでしたけど、気が付くと若手ではなくなっちゃいましたね。

Dr.川村
(笑)

Dr.大友
βカロテンが豊富な緑黄色野菜だとだとニンジンかぼちゃを食べた方がいい。

Dr.川村
はい。

Dr.大友
赤身のお肉だめってことですけど、お魚とかね大豆はどうなんですか。

Dr.川村
お魚大豆も栄養素としてすごく大事だと思います。ただ食道がんということに関して言うと、先ほどの扁平上皮がんでも今回の腺がんどちらも時に関係ないという風にされています。

Dr.大友
関係ない。

Dr.川村
関係ない。つまりリスクを増やしもしないし、減らしもしない。

Dr.大友
意外ですね。一般的にはお魚を食べるとがんの確率が減るというお話もありますけど、食道がんには関してはあんまり関係ないんですね。

Dr.川村
そうですね。

Dr.大友
飲み物とかどうですか?扁平上皮がんには紅茶は関係ないとのことでした。

Dr.川村
食道腺がんに関しても紅茶もあんまり関係ないですね。下げるとされてるのはコーヒーとか緑茶を摂っていただくといいかなと思います。

Dr.大友
なるほど。

 

大友博之 渋谷セントラルクリニック エグゼクティブ ディレクター

日本抗加齢医学会専門医、日本麻酔科学会専門医、日本医師会認定産業医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)

免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療で著名人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほど鍼治療の名手で東洋医学にも造詣が深い。

またワインと健康食の愛好家しても名高く、ボルドー、ブルゴーニュ、シャンパーニュのワイン騎士団から名誉ある「シュバリエ」を叙任されているほか、料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有する美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会の「オフィシエ」でもある。

川村雅彦 川村病院副院長
日本外科学会 専門医、日本消化器外科学会 専門医指導医、日本消化器内視鏡学会専門医指導医、日本消化器病学会 専門医、消化器がん治療認定医、日本乳癌学会 認定医、日本医師会認定産業医

‘診断から治療、看取りまで’をモットーにどんな時も患者さんの心に寄り添える医師を心がけています。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら