すい臓ガン⑨ すい臓を守る前菜【動画】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Dr.ピエール大友 (イシペディア編集長)

かくゆう僕も。菰池先生も、どちらかと言うと大酒家でしょ。

Dr.菰池 (たまち徳栄ビルクリニック院長)

うーん。嫌いではない方です。

Dr.ピエール大友

そうだよね。そうすると、僕たちもやっぱり、すい臓を守る食事っていうのを考えていかないといけないと思うんですけど。理想的に、やっぱりお酒を飲む前に何かを食べた方がいいですよね。

Dr.菰池

そうですね。

Dr.ピエール大友

すい臓守るという観点からは、シャンパンかビールでいきなり乾杯したい感じですけども、それはしないでまずはサラダでも食べる。

Dr.菰池

はい。

Dr.ピエール大友

最初食べた方がいいですか。

Dr.菰池

うん。理想的ですね。

Dr.ピエール大友

じゃあ、ちょっと、すい臓を守るためのサラダを二人で考えましょうか。

Dr.菰池

ああ、いいですね。

Dr.ピエール大友

どんな、サラダがいいですかね。

Dr.菰池

まあ、さっきの話だと、まず絶対に入れたいのは、アボカドでしょうね。

Dr.ピエール大友

アボカド!

Dr.菰池

アボカド。

Dr.ピエール大友

ビタミンEが入っているから。

Dr.菰池

はい。

Dr.ピエール大友

油もいいから。

Dr.菰池

はい。

Dr.ピエール大友

あとはなんですか?

Dr.菰池

うーん。あとは、魚ですから、マグロ?

Dr.ピエール大友

マグロ? DHA、EPA。

Dr.菰池

DHA、EPA両方入ってますね。

Dr.ピエール大友

やっぱ、オメガ3の不飽和脂肪酸の方が、お肉のオメガ6の不飽和脂肪酸より炎症を抑えてくれる感じでしょうか?

Dr.菰池

そうですね。抗炎症作用。

Dr.ピエール大友

なので、アボカドが結構脂っぽいから、マグロどうしますか?赤身?トロ?

Dr.菰池

赤身でしょうかねえ。

Dr.ピエール大友

赤身、赤身のマグロと、アボカド。あとは何にしますか?

Dr.菰池

ケール。

Dr.ピエール大友

サラダですよ。サラダ。ケール!

Dr.菰池

ケールでしょうね。

Dr.ピエール大友

ケール。ケールを入れて、そして、ナッツ。

Dr.菰池

ナッツ。

。Dr.ピエール大友

比率は?アボカドもちょっと、マグロもちょっと、ナッツで、ケールで

Dr.菰池

ケールで。

Dr.ピエール大友

あとは?

Dr.菰池

あとは何がいいですかねえ?

Dr.ピエール大友

抗酸化物質も欲しいですね。

Dr.菰池

ああ。ブロッコリーとか。

Dr.ピエール大友

ブロッコリー。ブロッコリーもいっちゃう、贅沢ですね。

Dr.菰池

贅沢ですね。

Dr.ピエール大友

いきなり贅沢サラダ。

Dr.菰池

それだけで、お腹いっぱいになってしまいそうですね。

Dr.ピエール大友

あとはどうですか?フルーツとか。

Dr.菰池

フルーツも入れましょう。

Dr.ピエール大友

何か柑橘系。

Dr.菰池

フルーツは何がいいですか。オレンジ?

Dr.ピエール大友

オレンジ?

Dr.菰池

フレッシュオレンジ!

Dr.ピエール大友

血糖値上がらない方が良いと考えるとどうですか。

Dr.菰池

ああ、そうですね。

Dr.ピエール大友

レモンとか。

Dr.菰池

レモン。レモンかけるようにしましょうか。

Dr.ピエール大友

レモンにする。じゃあ、ソースはアボカド入っているから、もうレモンだけ?ちょっとオリーブオイルかけますか?

Dr.菰池

ちょっとオリーブオイルかけた方が美味しそうですね。

Dr.ピエール大友

じゃあ、ソースはお酢の変わりにレモンとオリーブオイルで作って、お塩かけてザクザクと。

Dr.菰池

はい。いいですね。

Dr.ピエール大友

それをまず、最初に頂いてから、シャンパン!

Dr.菰池

そうですね。この量ですね。

Dr.ピエール大友

この量。まず最初に手のひらサイズが必要ですね。一人これくらいの量のサラダを食べてからお酒飲むと。

Dr.菰池

飲むと。

Dr.ピエール大友

そういう事ですね。

Dr.菰池

うん。結構、お腹いっぱいになりそうで、いいですよね。

Dr.ピエール大友

最初に野菜を食べるとね。

Dr.菰池

うん。

Dr.ピエール大友

飲む量も減るかもしれません。

Dr.菰池

減るし、その後、こうお肉とかも、そこまで食べなくても腹もちしますよね。

Dr.ピエール大友

なるほど。体重を落とさないといけない人も多いから。

Dr.菰池

ああ、そうですね。

Dr.ピエール大友

いいかも知れないですね。

 

【編集後記】

Dr.ピエール大友

すい臓がんで闘病されている方には、お酒を飲むというのはお勧めできませんし、真剣に闘病されている方にとっては一部不謹慎だったかもしれません。

ただ予防という観点から無理なくお食事は楽しく召し上がって頂いたほうが良いという考え方から多少のお酒を飲みながらというテーマにいたしました。ご理解をいただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら