イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > [ドクターの㊙レシピ] 物忘れに悩む人に、黄ニラの温サラダ

[ドクターの㊙レシピ] 物忘れに悩む人に、黄ニラの温サラダ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黄ニラの知られざる医食同源効果

最近、人の名前が出てこないことが多いピエール。
ちなみに物忘れの原因には、ホルモンの低下やビタミンミネラルの不足、有害物質の蓄積、加齢が挙げられます

そんなお悩みを抱えている方に食べ物でおすすめしたいのが黄ニラ
黄ニラは普通のニラとは違い、太陽の光を遮断して栽培したもの。食感が柔らかく、香りは淡く上品でピエールの大好物だ。

まず丈夫な緑のニラを育てて刈り取り、その根から新たに生育させる必要があるので、栽培には多くの手間と時間がかかる。その貴重で繊細な風味を活かすため、香味野菜と海老味噌を油でじっくり炒めたものをドレッシングとして、パクチーペーストも加えた温かいサラダ仕立てに。余熱で火が通った黄ニラは、生とも炒め物とも違った柔らかな旨味が最高。

黄ニラには、「アホエン」という可愛らしい名前の栄養素が含まれているアホがスペイン語でニンニクを表すように、アホエンはニンニクに含まれている「アリシン」が更にパワーアップしたもの。これが記憶力をアップさせて脳の老化を食い止めてくれるので、物忘れ解消にはもってこい
アホエンはニンニクにも多く含まれすが、100度以上の熱を与えたり擦り下ろすと効果がなくなってしまう。そういう意味ではあまり加熱せずに食べられる黄ニラから摂るのは効率的。ニンニクが苦手な人にも嬉しいですね。

さらに黄ニラにはアラニンという旨味成分が含まれており、脂肪燃焼や肝機能の改善などの効果も
アラニンは植物が緑の色素を作るときに消費されるため、緑の色素がほとんどない黄ニラにはそれだけ多く含まれているというわけです。

太陽の光を浴びずに育ったお野菜にこれだけの栄養素が詰まっているって、すごいですよね。しかも通常のニラと同じくβカロテンビタミンCも豊富で、ホルモン力アップも期待できる。見かけたら是非、手に取ってお料理に使って欲しいお野菜です!

海老とアワビ、黄ニラの温サラダ  医食同源レシピ

【材料】
茹で海老 : 200g
蒸しアワビ : 1個
パクチー : 1束

(A)
パクチーの根 : 2本 …粗く刻む
ニンニク : 1片 …軽くつぶす
赤唐辛子 : 2本 …種をとって小口切り
海老味噌(ガピ): 小さじ1
アボカドオイル : 小さじ1
黄ニラ : 1束
パクチーの根 : 適量 …飾り用に素揚げにする

(B)
ナンプラー : 小さじ1
ワインビネガー : 小さじ1
パクチーペースト : 大さじ1

【作り方】
①フライパンにオイルを敷いて、(A)の材料を弱火で5分ほど炒め、最後に黄ニラを加えてサッと炒め合わせる

②ボウルに海老とアワビ、①の香味野菜と(B)の調味料を入れて全体をよく混ぜ合わせ、最後にパクチーのざく切りを入れてあえる

③お皿に盛り、素揚げにしたパクチーの根っこをそえる

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

 

Yellow chive salad for forgetfulness.

Yellow chive is cultivated by blocking the sunlight and recommended for eliminating forgetfulness.To take advantage of its soft texture,Dr.Pierre made the warm salad with homemade coliandar paste.

Yellow chive contains the nutrient “ajoen” to improve memory and prevent brain aging.Ajoen is abundant in garlic too, but it loses its effect when heated to 100 degrees or more or rubbed down.Yellow chive contains the aroma component called alanine, which has effects such as fat burning and liver function improvement.Moreover, β-carotene and vitamin C are also abundant like normal Chinese chive, and they will improve the hormonal power.If you see the yellow chive, don’t ‘forget’ to pick it up and try it.

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら