イシペディア > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > [ドクターの㊙レシピ] レストランで食べるタイカレーを再現する

[ドクターの㊙レシピ] レストランで食べるタイカレーを再現する

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カレーの肝はペーストにあり!

カオマンガイやガパオライスの専門店はタイにも日本にもあるけれど、タイにあって日本にないのがタイカレー専門店。

本場のタイではアジアベストレストランTOP50にランクされるようなレストランでも、カレーがメインを張っていることを考えれば日本ではタイカレーの地位はインドカレーに比べるとまだまだ低いのかもしれない。そういった点ではまだまだ日本人にとってのタイカレーは美味しさを極めるというよりは、ある程度美味しいものを気軽に楽しむという位置づけなのかもしれない。

そんなわけで、リストランテを意識した究極のタイカレー。

レストランで食べるようなカレーの肝はなんといってもカレーペーストにある。

ニンニクレモングラスどの生野菜類にナツメグやカルダモン、ウコンなどの乾燥スパイス。
これら14種類の材料を生の状態から叩いてなめらかなペーストになるまで叩き続けるのは根気がいる作業だけれど、立ち昇る香気はミキサーで潰したものの100倍は格調高い気がする。

ピエール的にタイカレーを構成する大事な要素は油にあると思う。

ペーストはサラダ油で炒めるのではなく、オーガニックのココナッツミルクを少量熱して分離してきた油分と馴染ませるように炒めていくことによって鼻に抜ける香りが何倍も重層的になる。

キッチンだけでなく周りがカレーの匂いで充満してきたら、お肉と残りのココナッツミルクを加えて丁寧に火を通す。サラッと舌でほどけていく食感にするために、最後に慎重に加水した上でパプリカとコブミカンの葉を入れて完成。

本来は具材にたっぷり唐辛子が入るのだけど、レストランでワインと合わせるという楽しみのことも考えると辛すぎるのもしっくりこない。かといって赤色がないと見た目がちょっと地味なので、唐辛子の仲間であるパプリカを入れてみた。

パプリカには活性酸素の働きを抑える抗酸化ビタミンのβカロテンビタミンCビタミンE全てが豊富に含まれているので、細胞の老化防止に。

スパイスの効能もあいまって、さながら元気になれるリストランテ級のアンチエイジングカレーといったところでしょうか。いつか皆様にも食べていただけたらいいな。

ピエールのリストランテ級タイカレー 医食同源レシピ

【材料】
カレーペースト:大さじ4
ココナッツミルク:125ml
水:100ml
豚肉:200g
ナムプラー:小さじ1強
塩:小さじ1/4
赤パプリカ:1/3個
コブミカンの葉:6枚(細く千切り)

【作り方】
① フライパンにココナッツミルク25mlを入れ、油分が浮き出てくるまで弱火で加熱する。
② ペーストを入れて炒め、香りが立ってきたら肉を加え炒める。
③ 残りのココナッツミルクと水を加えて肉に火が通るまで煮込み、最後にパプリカとコブミカンの葉をまぜいれる。

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

〔シェフドクター ピエールの正体〕

医師・料理研究家

・日本のみならずロサンゼルス、フランス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、運動療法を取り入れた新しい統合医療を提案している。

・料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ

・ワインにも造詣が深く、フランスの主要産地から名誉ある騎士号を叙任している。

ボルドーワイン騎士団コマンドリー
ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ
シャンパーニュ騎士団シュバリエ

またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら