イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > 納豆は世界を救う星になれるかもしれないという話

納豆は世界を救う星になれるかもしれないという話

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外のアンチエイジング学会ではビタミンKが話題沸騰!

納豆のネバネバに含まれているナットウキナーゼといえば、血液をサラサラにする力が強力なことで有名。強力な血栓を溶かす作用があることから脳梗塞や心筋梗塞の予防や血圧を下げる効果も期待されています。

納豆関連で注目してほしいのがビタミンK

ビタミンKはアメリカのアンチエイジング関連の学会に行くと必ずトピックになる人気者。オランダでは”新型コロナに感染し、入院が必要なほど悪化した人にはビタミンKの欠乏が顕著”と研究が進んでいて、ビタミンKと新型コロナ症状緩和に関連性が見出された記事をご覧になった方も多いかも。

納豆の知られざるパワー  医食同源効果

古典的にはビタミンKは血液を凝固させる作用や、カルシウムの吸収を助ける働きがあることから骨粗しょう症のに良いとされています。原料である大豆にもビタミンKは含まれますが、発酵して納豆になることによりその含有量は80倍以上に!しかも納豆菌が腸内でビタミンKを産生するため、含有量以上に多くのビタミンKをとることができます

健康にいいのはわかったけど、それでも納豆はどうにも苦手という方にお勧めしたいのが、「ナムプリック」というニンニク唐辛子をベースとしたタイのペースト。
日本で言うときゅうり味噌をつけて食べるような感じで、茹でた野菜につけたりご飯のお供として地方ごとに様々なレシピがあります。

その中でもチェンマイで最も有名なのはトマトと挽肉のもの。ここには乾燥させた板納豆を入れるのがお約束。
チェンマイでは古くから、大豆を発酵させて板状にしたものが調味料として多く使用されており、いまでも市場やスーパーと至るところで売られています。

ニンニクや唐辛子を使うので、いかにも納豆という感じにはならないし、お野菜もしっかりとれるので食べやすさだけでなく健康にも最適だと思います。

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

 

“Natto” is the traditional Japanese food made by fermenting soybeans.
It has the strong smell and is sticky, but good for our health.

First, it contains the ingredient to dissolve blood clots and make the blood flow smoothly.And also contains a lot of vitamin K.Vitamin K is the popular topic at the anti-aging conference in America, and was found to be associated with new coronavirus symptom relief in Holland.Vitamin K is a preventative agent for osteoporosis because it works to coagulate blood and helps absorb calcium.

Thai people like to eat vegetables with various pastes called “namprick”.There are many recipes from each region, and the photo is the most famous one in Chiang Mai.It is the combination of tomato and minced meat, and dried natto is added traditionally.

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら