イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > [ドクターの㊙レシピ] マメに豆を食べると癌にかかりにくくなるという話

[ドクターの㊙レシピ] マメに豆を食べると癌にかかりにくくなるという話

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大豆を食べてがんを予防する!

ということで”揚げ出し豆腐と揚げ納豆”のW大豆のお料理。

Dr.ピエールとしてはカリッと上がった食感とお豆腐そのものの味を楽しみたいので、少なめの出し汁に片栗粉でとろみをつけてソースのようにしてみた!
お約束のようだけどワインに合わせたくて、かつお出汁と赤ワインとレモングラスで風味づけ。

レモングラスは免疫力アップにつながるビタミンCが豊富なうえ、シトラールの抗菌作用で風邪の予防にも効果的。トマトとも相まって、ほんのりと香る柑橘感がとても爽やかでお豆腐にも合うのです。

そして大豆には強い抗酸化作用を持つ”フィチン酸”が含まれていて、細胞の酸化を防ぐほか、がん細胞の発生と増殖を抑える効果がある。大豆にとっても多く含まれている食物繊維が腸内環境を整えてくれるのも、がん予防において大事なこと。なぜなら、がん細胞に対抗する”免疫”の約70%は腸に存在しているから。

さらに納豆菌がウイルスの働きを抑えるうえに、大腸がんをはじめとする多くのがんの要因となる悪玉菌を減らし、善玉菌を増やしてくれる効果も。
つまりお豆腐と納豆は、がん予防に最強の兄弟コンビというわけです。を食べすぎた時は、翌日はこんな感じで調整するのも良いですよ。

ところで…。
豆が腐る、と書く豆腐。
豆が納まる、と書く納豆
…どう考えても名前が逆じゃないかと長年思っていたのだけど、「腐」には腐るだけでなく液状のものが固形状になったやわらかいもの、という意味もあり、お寺の「納所」で作られていたから「納豆」になったという説があることを最近知った!

揚げ出し豆腐 医食同源レシピ

【材料】
木綿豆腐 : 300g
納豆 : 1パック+小麦粉小さじ1
片栗粉、小麦粉 : 各大さじ2…混ぜておく
水溶き片栗粉 : 片栗粉と水を小さじ1ずつ
トマト : 1個
揚げ油 : 適量

(A)
カツオだし : 150ml
醤油 : 大さじ1
乾燥レモングラス : 5〜6本
赤ワイン : 大さじ3

【作り方】
①耐熱皿にキッチンペーパーを敷いて豆腐を乗せ、ふわっとラップをかけて600wで2分加熱する

②小鍋に(A)の材料を入れて弱火にかけ、10分ほど加熱し、水溶き片栗粉を混ぜ入れてとろみをつける

③豆腐の水気を拭いて片栗粉と小麦粉をまぶし、180度の油で周りがカリッとするまで揚げる

④納豆に小麦粉を入れて混ぜ、スプーンで1杯ずつすくって同じ油で1分ほど揚げる

⑤お皿にスライスしたトマト、豆腐、納豆を盛り付けて②のタレをかけ、レモングラスをあしらう

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

 

Eat more beans to prevent cancer!

So today’s dish is “Deep fried tofu & natto(fermented soybeans)”.

Fried tofu with plenty of Dashi soup is one of the traditional Japanese foods, but Dr. Pierre like to enjoy its crispy texture and the taste of tofu itself.So use a little dashi soup and thicken it with potato starch.And by adding flavor with red wine and lemongrass, it becomes a great sauce go well with wine.

Soybean contains “phytic acid”,It has a strong anti-oxidant effect, which not only prevents cell oxidation but also suppresses the development and growth of cancer cells.Dietary fiber contained in soybean adjusts the intestinal environment and is also important for cancer prevention,Because about 70% of the “immunity” that counters cancer cells resides in the intestine.And Bacillus natto not only suppresses the action of the virus, but also has the effect of reducing the bad bacteria that cause many cancers including colon cancer and increasing the number of good bacteria.

So, tofu and natto are the strongest combination in cancer prevention,and recommended dish the next day after eating too much meat.

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら