イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > 色々な病気に食事から向き合う > 過敏性腸症候群(IBS) > 過敏性腸症候群④ 腸と脳は関係しあっている?【動画】

過敏性腸症候群④ 腸と脳は関係しあっている?【動画】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Dr.ピエール大友 (イシペディア編集長)

過敏性腸症候群においてはストレスが関係する、というお話でしたけれども、具体的にはストレスを受けると、例えば、心理的なストレスだったり、会社のパワハラではないですけど社会的なストレスが有った時って、腸はどんな風になっちゃうんですか?

Dr.菰池 (たまち徳栄ビルクリニック院長)

人間の腸って、脳の刺激に非常に過敏に反応してしまいますよね。ストレスを感じてしまうと、大腸の動きっていうのは非常に過敏に動いてしまう。あるいは、大腸の平滑筋(へいかつ)筋、大腸を動かす筋肉が、非常に刺激を受けてしまう。これを腸脳相関という言い方をします。

最近の言い方では、腸は、第二の脳であるとか。そういう言い方をされる通り、腸と脳っていうのは非常に密接な関係がありますね。

Dr.ピエール大友

最近、多分ヨーグルト会社だったりとか、広告をよく見ると思うんですけれども、腸をきたえたら、脳のストレスは感じにくくなるということなんですね。

Dr.菰池

人によっても、そうこともあるのかも知れませんけれども、腸内環境を整えると、よりストレスに強い腸になる可能性はある。ということです。

Dr.ピエール大友

それは、腸でセロトニンとかそういう物質を作っていることに関係している。

Dr.菰池

関係していますね。

Dr.ピエール大友

なるほど。

Dr.菰池

はい。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら