遺伝子と老化のおはなし

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本におけるふたごの出生率は100人に1人位と言われています。今日はその中でも一卵性のふたごから遺伝子と老化を考えてみたいと思います。

その前にふたごのまとめ。
ふたごには一卵性のふたご(一卵性双生児)と二卵性のふたご(二卵性双生児)の二つのパターンがあるのはご存知ですか?
二卵性双生児は1つの卵子に1つの精子が受精した受精卵が子宮に2つ着床したときのふたごです。受精卵が違うためDNA (遺伝子情報)は異なっていますし、血液型や性別は違うこともあります。
一卵性双生児は1つの卵子に1つの精子が受精し、その受精卵が2つに分かれて出来たものそのため血液型、DNA (遺伝子情報)、性別が全て一緒です。そのため見た目もそっくりなふたごになることが多いわけです。顔も似てるくらいだからから、同じような病気になったり、同じように見た目や体型が老化したりするのではないかと考えられがちです。たしかに一卵性双生児では二卵性双生児よりも同じ病気に2人とも同じく発症する確率が高くなっています。それでもふたごが揃って同じ病気にかかる確率は多くの場合50%を超えません。つまり遺伝子だけが原因で病気になるわけではないと言うことが知られてきたわけです。その理由として、本人が何を食べるのかによって、長生きすることもあれば老化してしまうこともあると言う学説が唱えられています。これをエピジェネティクスといいます。そんなバカなと思われることもあるでしょうが、女王蜂とロイヤルゼリーの話しを知っていたただければ納得してもらえるかもしれません。

働きバチと女王蜂は同じ遺伝子を持っているにもかかわらず、ロイヤルゼリーを摂った特定のミツバチの幼虫が女王蜂に育つとされています。その理由はロイヤルゼリーは遺伝子の働きを調節するから。食べ物によって遺伝子の役割すら変わってしまうのですね!!

同じように人間もどのような食事を食べたら病気になりやすいとか、元気に長生きしやすくなるとかを考えると良いのだと思います。
病気は遺伝子によってなりやすさが決まっていると思われてきたのですが、多くの場合お食事やライフスタイルの方が重要だったんですね!例えば癌に関していえば、遺伝子ががん発生に及ぼす頻度は5%から10%位と言われています。残りはと言えばライフスタイル関連。

お食事が30〜35%、タバコが25〜30%位、肥満が10〜20%、アルコールが5%の比率を占めていると言われています。自分に合ったお食事が何なのかを考えることがどれだけ重要かと知ることが出来ますね。

もう少し遺伝子とお食事やライフスタイルについてお知りになりたい方は遺伝子と栄養のページをご覧ください。今日も最後までお付き合い下さいましてありがとうございました。

 

 

大友博之 渋谷セントラルクリニック エグゼクティブ ディレクター

日本抗加齢医学会専門医、日本麻酔科学会専門医、日本医師会認定産業医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)

免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療で著名人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほど鍼治療の名手で東洋医学にも造詣が深い。

またワインと健康食の愛好家しても名高く、ボルドー、ブルゴーニュ、シャンパーニュのワイン騎士団から名誉ある「シュバリエ」を叙任されているほか、料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有する美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会の「オフィシエ」でもある。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら