イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > トリュフをシャカシャカするイケメンに教わったこと

トリュフをシャカシャカするイケメンに教わったこと

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生涯忘れられない夏の夜の食事

人生で忘れられない食事に出会う機会に恵まれることはそうはない。
今日は2年前に起きた夢の様な一夜について書き記したいと思う。

ドンペリニヨンの醸造最高責任者リシャール・ジェフロワと、世界で最も影響力のあるシェフであるアラン・デュカスという2人の巨匠による「ドン ペリニヨン P2 2000」の世界観を表現する究極のコラボレーション

修道院というスピリチュアルな環境の中で王侯の食卓にワインを提供するために誕生したドン ペリニヨンは、”3段階の時を迎える”と言われ、2度目の飲み頃を迎えるまで約16年の熟成を経てリリースされるのがP2。この段階になると新たなエネルギーが秘められているという。

このとき既に引退が決まっていたジェフロア氏による、ドン ペリニヨンと人生を重ねた哲学的なスピーチを今でも思い出します。

アラン・デュカスとの出会い”ナチュラリテ“

アラン・デュカス氏は、ミシュラン史上最年少で3ツ星を獲得し、現在は世界に30軒近くの店舗を構えるフレンチのレジェンド。
フォアグラ用のアヒル畜産農家のご子息として生を受け、幼いころから自家菜園の野菜や森でとれる食材に囲まれて「食材がもつ本来の味」を知り、その味を大切に活かし、調理することを覚えたとのこと。

そのデュカス氏が提唱する料理の概念がナチュラリテ“。地元で採れる野菜や穀物を中心とした食材を使い、脂質砂糖味を抑えて、動物性たんぱく質を控えるという考え方です。健康にはもちろん、環境にも優しい。ピエールもその様に料理をしたいなといつも思っています。

P2 2000にインスパイアされた料理はまるで世界旅行をしているよう。楽しさに驚いただけでなく、デュカス氏がテーブルを回って一人ずつサマートリュフを流し目でサービスするのにも驚いた。

技術と知識、アートそして愛に裏付けられた二人の巨匠による創造的なコラボレーションは、まさに究極のEllegance。
ピエールにとって生涯忘れられない夏の夜です。

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

 

Two years ago today, Dr. Pierre was invited the unforgettable dinner table.

It’s the ultimate event in collaboration between Dom Perignon’s chief wine maker Richard Geoffroy and the world’s most influential top chef Alain Ducass.And the new vintage of “Don Perignon P2” was unveiled on that day.

Dom Pérignon, which was born to serve wine on the royal dining, has three stages of aging.P2 is released after 16 years of age until it reaches the second stage.

Alain Ducasse was the youngest chef in Michelin history to earn three-star and is now a legendary French chef with nearly 30 his restaurants around the world.Born as the son of a duck farmer, he was surrounded by home-grown vegetables from an early age, and learned the original taste of the ingredients.

Now he recommends the concept “Naturalite cuisine”.It’s the idea to use locally vegetables and cereals, and reduce fat, sugar, and salt, and avoid animal protein. Not only good for our health, but also good for the environment.

It was the dream experience where Richard Geoffroy hosts dinner and Chef Ducass himself serves truffles to guests.
The collaboration of the two creative genius was so elegant and tense as never experienced in a lifetime.

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら