過敏性腸症候群③ 感染症との関連【動画】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Dr.ピエール大友 (イシペディア編集長)

過敏性腸症候群ってのは、食事だったり心理的なストレスが原因になる事が多いという話でしたけど、それ以外で何か原因になる事って、ありますか?

Dr.菰池 (たまち徳栄ビルクリニック院長)

そうですね。感染性腸炎ってみなさん聞いたことがあるでしょうかね。

Dr.ピエール大友

O157とか? 

Dr.菰池

O157は、そうですね。サルモネラとか腸炎ビブリオとか

Dr.ピエール大友

ノロウイルスとか

Dr.菰池

ノロウイルスとか、そうですね。そういった感染性胃腸炎にり患した後に、過敏性腸症候群と言いますので、腸が過敏になってしまって、下痢とか便秘とかそういった症状が慢性的に出てしまうという方もいらっしゃいますね。

Dr.ピエール大友

それは、やはり消化管の粘膜なのか、免疫力が落ちたり、そういうことが関係しているのですか。

Dr.菰池

関係しているでしょうね。

Dr.ピエール大友

具体的には、どうなんですか?どれくらい増えるんですか?その、感染症にかかった後は。

Dr.菰池

一部の報告では、5倍~10倍増えるって報告もありますし、過敏性腸症候群の患者さんの中で5%~20%ほど、つまり10人に1人、5人に1人ぐらいの確率で、そういった、感染性の胃腸炎をきっかけにして、過敏性腸症候群を発症する。という方がいらっしゃいます。

Dr.ピエール大友

そうすると、やはり、手洗いだったりとか、調理面での衛生面とかそういうことを気にすることは重要だ。ということでしょうか。

Dr.菰池   

非常に重要でしょうね。

Dr.ピエール大友

なるほど。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら