イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > 色々な病気に食事から向き合う > 過敏性腸症候群(IBS) > 過敏性腸症候群⑯ 欧米型の食事は避けるべき?【動画】

過敏性腸症候群⑯ 欧米型の食事は避けるべき?【動画】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Dr.ピエール大友 (イシペディア編集長)

おそらく、過敏性腸症候群とかって、機能性ディスペプシアとかそういう消化器の病気って徐々に増えてきていると思うんですよね。基本的には、第二次世界大戦後増えてきた病気だと思うんですが。

クリニックのある渋谷にいるとね、若者は西洋的なというか、フライドポテトを食べたり、そういう子たちが多いような気がするんですけど。どうなんでしょう、実際にこうした食べ物は症状に影響するんですか?

Dr.菰池 (たまち徳栄ビルクリニック院長)

すると思いますね。欧米型の食事、私も嫌いではないですけども、欧米型の食事を好む方のほうが、機能性ディスペプシアとか、過敏性腸症候群って多いですね。

Dr.ピエール大友 

例えば、フライドポテトとかがよくないのは、今日の話からすると、フォドマップに含まれるような糖類という点、これまでのセオリーで言われてきた脂質が多いからと、そういう風に説明していく感じですか。それとも、全体的に腸のバランスを崩しやすいという感じですか。

Dr.菰池

まあ、でも前者でしょうかね。フォドマップの考え方で悪くなる。

Dr.ピエール大友 

例えば、フォドマップという概念からすると、糖もかなり気をつけないといけないって話でした。そういう観点からはもう甘味は人工甘味料にしちゃった方が良いんですかね。機能性ディスペプシアに関しては避けた方がいいって話でしたけど。過敏性腸症候群に関してはいかがでしょうか。

Dr.菰池 

人工甘味料も腸での吸収、あるいは胃での消化を考えると決して良いものではないです。負担はかかりますので、人工甘味料が砂糖に比べていいとかってことは、私は全くないと思いますね。

Dr.ピエール大友 

なるほど。一部、フォドマップにかかるものもありますね。

Dr.菰池 

そうですね。はい。

Dr.ピエール大友 

なるほど。加工食品はどうですか。

Dr.菰池 

加工食品も、まあ、今日は過敏性腸症候群の話ですけれども、以前から欧米では、大腸がんの発症率を上げてしまうっていうってことは有名ですので、決して推奨はできないですね。

Dr.ピエール大友 

それは、おそらく、腸の腸内細菌叢を変える、腸内の細菌の分布を変えるか、腸管の免疫力を下げたりしているってことが理由だということですか。

Dr.菰池 

おそらくそうだと思います。

Dr.ピエール大友 

それと、過敏性腸症候群にはあまり・・・

Dr.菰池 

ん・・あまり良くはないでしょうね。はい。

Dr.ピエール大友 

なるほど。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら