イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > 様々ながんに食事から向き合う > 胃がんになった後の食事 > 胃がん② 胃を切った後は3ヶ月くらい症状が出やすい【動画】

胃がん② 胃を切った後は3ヶ月くらい症状が出やすい【動画】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Dr.ピエール大友 (イシペディア編集長)

胃を切る手術をした後に起こる症状って良くなってくるものですか。それとも、ずっと良くならないものなんですか。

Dr.川村(川村病院副院長)

胃を切られた方は、だいたい最初の3か月くらい、特にお食事で困る方が多いですね。

Dr.ピエール大友

例えば、3か月くらい困るというのは、どんな風に困るんですか。

Dr.川村

やはり、胃が小さくなりますので術前のようなイメージでいると、お食事がとにかく摂れないので、お腹が張って、辛かったり、吐いてしまったりというような症状が出たりします。

Dr.ピエール大友

それで少し体重を落としてしまう方もいらっしゃいますよね。

Dr.川村

そうですね。一般論ですけども、だいたい胃を切ると術前の体重の一割、体重が10%落ちると言われています。

Dr.ピエール大友

3か月経ったら、少しずつ良くなってくるんですか。

Dr.川村

3か月ぐらい経ちますと、皆さんだんだん自分の、今の小さい胃に慣れてきますので食事の量が少しずつ安定してきます。一般的に術前と同じ量を術後も召し上がられる方は少ないですね。

Dr.ピエール大友

なるほど。自分の、今の胃の状態に応じて、食べ方を学んでいく。そして身体がそれに少しずつ適応していくっていう、そういうイメージで良いのでしょうか。

Dr.川村

仰る通りです。

Dr.ピエール大友

そうすると、食べ方が重要になってくる、ということですね。

Dr.川村

その通りですね。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら