イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > 様々ながんに食事から向き合う > 大腸がんになった後の食事 > 大腸がん③ 手術や放射線治療をしたらどんな症状が待っているの?【動画】

大腸がん③ 手術や放射線治療をしたらどんな症状が待っているの?【動画】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Dr.ピエール大友 (イシペディア編集長)

大腸がんの治療後、例えば手術をしたりとか放射線を治療した後の食生活を考えたいと思います。まず腸って、どんな状況になっているんですか。やっぱり色んな症状が出るようになるんですか。

Dr.川村(川村病院副院長)

そうですね、大腸がんの手術をされますと、純粋に腸の長さが短くなります。それに加えて、最近は腹腔鏡の手術が増えていますけども。

Dr.ピエール大友

腹腔鏡っていうのは、よくいう内視鏡でカメラだけで、外から大きく傷を開けない手術のことですね。

Dr.川村

そうですね。傷の小さい、回復の早い、と言われている、最近普及しつつある手術のことですね。なので、癒着(ゆちゃく)の問題が開腹手術よりは少ないです。とは言え少なからずは癒着の問題も起きてしまいますが。

Dr.ピエール大友

癒着とは、腸と腸がくっついてしまってうまく機能しなくなる事ですね。

Dr.川村

そういうことですね。癒着によって、お腹の動きが悪くなったり。それに伴って、お通じのね、便通の障害、下痢であったり便秘であったり、というのが出てくる事があるかと思います。

Dr.ピエール大友

なるほど。手術で腸を触れることによって、やっぱりそういう機能が少し落ちるということですね。便秘と下痢どっちが多いですか。

Dr.川村

便秘と下痢、まあ、人それぞれですけど、便秘の方の方が多いのではないかなというのが、私の印象ですね。

Dr.ピエール大友

外科医としての印象は論文とは別にありというか大事ですね。それ以外に、便以外のことで何か気になることっておきるんですか。腸の手術をしたら、どんなことが起きるのか、多分知らない人も多いと思うんですけど

Dr.川村

それ以外ですと、排尿障害であるとか。

Dr.ピエール大友

排尿障害。

Dr.川村

それは、直腸がんの手術の方ですね。

Dr.ピエール大友

なるほど。

Dr.川村

どうしても、神経をいじりますので、そういった障害が出る方がいらっしゃいます。

Dr.ピエール大友

おしっこのトラブルが有るかもしれないってことですね。

Dr.川村

そうですね。はい。

Dr.ピエール大友

便が感じにくくなって、神経がと仰いましたけど、便を感じにくくなったりとかそういうことって無いんですか。

Dr.川村

まあ、あとは頻便(ひんべん)ですね。

Dr.ピエール大友

頻便?頻繁に便ですね。

Dr.川村

トイレに行っても、お通じができらずに、また直ぐ便意をもよおす。

Dr.ピエール大友

なるほど。お通じに行きたくなる回数が多くなってしまう。

Dr.川村

そういうことですね。

Dr.ピエール大友

そういうことが、続くと言う事ですね。どれくらいの間、例えば手術をして、もう、ずっと続くのですか。それともだんだん良くなっていくものなんですか。

Dr.川村

一般的には慣れるまで3か月間くらい色々苦労されてることが多いかなと。でも主治医の先生と相談して、色んなお薬を使ってコントロール出来る事が多いと思いますが、でも中には色々なお薬を試してもなかなかうまくコントロール出来ずに色々悩まれている方もいらっしゃると思います。

Dr.ピエール大友

そういう方の為に、少しこれからどんな食事をしたら、いいのかということを、また考えていきましょうか。

Dr.川村

はい。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら