イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > DRピエール大友の最強健康管理学 > 光を浴びないと元気になれない?光線の力と健康について

光を浴びないと元気になれない?光線の力と健康について

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人間の生活が光の強さに大きく依存していることを知っていますか?」とお尋ねすると「もちろん!」とお答えいただく方が多くいらっしゃいます。でも続けて「どのくらいの光が必要がご存知ですか?」とお聞きする途端に口をつぐんでしまう方も多いです。

そういうわけで当たり前のように享受している光の力について考えたいと思います。

まず光の力は屋内と屋外では全く異なっていて、屋外は室内よりも最大500倍も強いことが知られています。

例えば、一番太陽の力が強い時間では北半球では光の強度は5万ルクス、赤道では約10万ルクスもあります。その一方で屋内では、光の強度は100ルクスを下回ることが多く、250〜300 ルクスまであれば御の字とされています。

DRピエールもかつては夜勤が多くて疲労していたのですが、それは光の力も関係しているかもしれません。

というのも普通の人が屋外の光を4%程度使っているのに比べて、夜勤の多い人はたった2.6%しかないので。やはりエネルギッシュでいるためには光の力が必要ですね。

暗いお部屋にずっといたり、室内でサングラスをかけたりするなど暗い環境に身を置いていると人々はウツっぽくなって、疲れやすくなります。

それは日中に分泌されるエネルギーを維持するために必要なホルモンである甲状腺ホルモンやコルチゾールや夜に分泌される安眠のためのホルモンであるメラトニンが分泌されにくくなるからです。

疲労やウツっぽさで困っている人は、まずは集中的に部屋を明るく照らすと、気分、仕事や全体的な健康状態が改善され、ホルモンレベルが上がりエネルギッシュになれる可能性があります。

 

Part1 光を浴びないと元気になれない?光線の力と健康について

Part2 明るい光の力でメンタルを治す

Part3 慢性疲労や不眠症の人に朗報。なんと光を適切に浴びるだけで睡眠のホルモンであるメラトニンがなんと2倍に!!

大友博之 渋谷セントラルクリニック エグゼクティブ ディレクター

日本抗加齢医学会専門医、日本麻酔科学会専門医、日本医師会認定産業医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)

免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療で著名人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどハリ治療の名手で東洋医学にも造詣が深い。

またワインと健康食の愛好家しても名高く、ボルドー、ブルゴーニュ、シャンパーニュのワイン騎士団から名誉ある「シュバリエ」を叙任されているほか、料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有する美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会の「オフィシエ」でもある。

コンテンツ一覧

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら