寝苦しい夜に食べるべきは茄子かな

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

眠れない夜にはナスが良い⁉

ストレスなのか暑さのせいなのか、はたまたネットフリックスの見過ぎなのか眠りが浅い日が続いているピエール。
サプリやメラトニンというホルモンをチャージしているけれど、いかんせん朝の熟睡感が足りない。

ということでピエールらしく⁉️お食事を根本から見直すことにしてみた。

昔から寝苦しい夜が続く時に体を冷やして過ごしやすくしてくれる夏野菜の代表といえばナス
今回は患者さんから馬の堆肥だけで育てたというナスをいただいたので、ざっかけないイタリアをイメージしたお惣菜を作ってみることに。

茄子の知られざるパワー  医食同源効果

実はナスにはアセチルコリンという副交感神経を高めてリラックスさせる物質が大量に含まれていることが知られています。
熟睡感がないときや悪い夢を見がちな時は睡眠中に交感神経が高ぶっていることが多いので、夕飯に脳をリラックスさせるナスのような食べ物を摂るのは良い解決法になると思います。

ナスには脳の血流を整え、記憶力や学習能力を向上させる作用もあるので脳の疲労を取るのにも最適だと思います。

ナスに合わせたのが紫蘇
ベーターカロテンが豊富なこの野菜は油でさっと炒めると吸収率が上がるだけでなく、
成長ホルモンの分泌を促してこれまた良眠を誘ってくれることを期待。塩はせずに無添加ハムの気だけにして、ワインを飲みたくなる誘惑を抑えてベッドに向かいました。

一晩空けての結論。
今日はゆっくり寝れたし、目覚めも快調。もし寝苦しい夜に悩んでおられる方はナスと向き合ってみましょ。

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

 

Try eggplant on the Sleepless night.

It might be because of the stress or the heat and or because of overlooking Netflix, Pierre spending sleepless night recently.I am charging hormones such like melatonin, but I am not vigorous in the morning.

Eggplant is famous for that cools the body and makes it easier to spend the hot days in east Asia from the ancient times.

In fact, eggplant is known to contain a large amount of acetylcholine, the substance that enhances and relaxes the parasympathetic nerves. When you don’t have a deep sleep or when you tend to have bad dreams, your sympathetic nerves are often exciting, so why not eat the food like eggplant that relaxes your brain in the night time.

Conclusion, I slept heavenly and woke up well.
If you have trouble sleeping at night, let’s eat the eggplant. 

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら