イシペディア > 食事学と医療の大辞典 > タブーに挑む!? 21世紀の最強健康管理学 > 【ドクターの食卓から】ダイエットの味方 “白インゲン豆“

【ドクターの食卓から】ダイエットの味方 “白インゲン豆“

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

炭水化物の吸収を抑え、血糖値もコントロール

世界中で古くから食べられている白いんげん豆、産地として特に有名なのはフランスの南西部。豚や鴨の肉と一緒に煮込んだ「カスレ」やキャベツとの田舎風スープ「ガルビュール」はその地方の代表的なお料理で、どちらにも野菜や肉の旨味をたっぷりと吸ったこの豆が欠かせません。

なんと言っても白いんげん豆はダイエットの強い味方

白インゲン豆に多く含まれるファイトケミカル「ファセオラミン」は炭水化物の消化・吸収を抑えて糖になるのを防いでくれます
他にもカルシウム鉄分も豊富、食物繊維いたっては茹でた豆の中で最も多く含まれているため血糖値のコントロールにも役立ちます。

白いんげん豆を選ぶポイント

夜遅くに帰って自炊しようと思うと、どうしてもお野菜が少なくて食物繊維が足りなくなりますが、白インゲン豆なら缶詰でも簡単に料理の一品にできるからダイエットにもアンチエイジングにも欠かせません。
とはいえ自分で茹でると断然風味が違うので、時間があるときはコトコト鍋で煮ると良いですね。

白いんげん豆を選ぶときのポイントはこちらの2つ!

色が真っ白で割れたりしていない、なるべく新しい豆を選ぶこと
煮る前に長時間水に漬けること

茹で汁ごと冷凍保存も出来るので、おつまみだけでなく、サラダにしたり、ソーセージの付け合わせにしたりと幅広く使えますよ。

 

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

〔シェフドクター “大友  ピエール 博之” の正体〕

医師・料理研究家

・日本のみならずロサンゼルス、フランス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、運動療法を取り入れた新しい統合医療を提案している。

・料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ

・ワインにも造詣が深く、フランスの主要産地から名誉ある騎士号を叙任している。

ボルドーワイン騎士団コマンドリー
ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ
シャンパーニュ騎士団シュバリエ

またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら