わかめ(若布) わかめ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わかめは、日本近海と南朝鮮にしか生育しない海藻類で、日本では万葉集にも出てくるほど、昔から人々にとってなくてはならない食材でした。

旬は3月~4月で、産地としては、三陸、鳴門、出雲が有名です。

栄養素

海藻類の特徴であるミネラルは豊富に含まれています。また、食物繊維が豊富で、噛みごたえがあるため、ダイエットとしても効果的です。

ちなみに、わかめのぬめり成分は「アルギン酸」という食物繊維の一種です。

わかめの主な栄養成分(可食部30g当たり)

効能・効果

コレステロールの排出:ぬめり成分であるアルギン酸は、腸内にあるコレステロールを体外に排出するため、脂質異常症や動脈硬化の予防に働きかけます。

・アンチエイジング:昔から、生命力の源である腎を補う食材とされ、その音が「若芽」「若女」と通じることから、老化を防ぎ、若返りの薬として使われてきました。

・むくみの防止:わかめには利尿作用があり、体の余分な水分を外に出す働きがあります。

東洋医学的側面

  • 寒熱:涼(穏やかに体の熱を冷ます)
  • 昇降・収散・潤燥:燥(体に溜まった余分な水分を排泄する)
  • 臓腑:腎
  • 五味:鹹(軟化させる作用)
  • 毒性:なし

栄養素を上手に摂るための保存方法と調理方法

生わかめは、濃い緑色でつやがあり、肉厚で弾力のあるものを選びましょう。乾燥わかめであれば、つややかな黒褐色のものがおすすめです。

生わかめは冷蔵しても傷みやすいため、早めに食べます。塩蔵わかめはポリ袋に入れて冷蔵、乾燥わかめは乾燥剤と一緒に密閉袋に入れて冷暗所に保存します。

栄養素を一番効率よく摂れるのは生がおすすめです。加熱しすぎると栄養素が壊れてしまうため、加熱時間は短めにします。

また、わかめに含まれるカルシウムは、と一緒に摂ると、体での吸収率がアップします。「わかめの酢の物」は、まさに体のことを考えた一品と言えそうですね。

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら