イシペディア > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > 鯵をエスニックで食べれば美肌になる

鯵をエスニックで食べれば美肌になる

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鯵は美肌に良い食材

鯵のマリネ、Dr.ピエール的ポイントは「酢洗い」。
酢洗いとは魚貝類をさっとお酢にくぐらせて洗う和食の技法のこと。
こうすると余分な水分や生臭みがとれ、お酢の殺菌効果で鮮度落ちも緩やかになるので青魚や貝類にはとても効果的なのです。
お酢に漬け込んでしまうと「しめ鯵」になってしまうので、あくまで酢に浸してサッと洗う程度で!
身がしまると同時に下味もつきます。
お刺身でいただく場合の酢洗いなら米酢や穀物酢も良いかと思いますが、今回のようにワインに合う前菜にするのなら白ワインビネガーで是非お試しいただきたい。

鯵といえば健康に良さそうなお魚の代表ですが、美肌を保つのにも効果的な食材。

その理由のひとつが、オメガ3系脂肪酸のひとつ「EPA」。
血液サラサラ効果などで知られるEPAには、血流を改善させて全身の新陳代謝を活発にする働きがあります。
それによって古くなった角質などが排出され、加齢と共に乱れ始める肌のターンオーバーが整うというわけ。
またEPAには抗炎症効果があることから、肌あれやニキビなどの改善にも有効と言われています。
また鯵には強力な抗酸化作用を持つミネラルの「セレン」が含まれるので、紫外線からお肌を守るのにもgood。
セレンの抗酸化力はビタミンEと一緒に摂取すると2倍以上の力を発揮するといわれているので、今回は鯵にビタミンEたっぷりの青唐辛子を合わせてみました。

シャキッとなったお魚をナンプラーとオリーブオイルで和えて、アクセントにリンゴを加えたら驚くほど美味しい一皿になります。
簡単なひと手間ですので、ぜひお試しくださいね。

鯵のエスニック風マリネ 医食同源レシピ

【材料】
お刺身用の鯵 : 1尾分
リンゴ: 1/4個(小さめの角切り)
ナンプラー : 小さじ1
オリーブオイル : 小さじ2〜
青唐辛子の小口切り : 少々
白ワインビネガー : 適量

【作り方】
① 鯵を一口大のそぎ切りにし、ワインビネガーでさっと振り洗いをする。
② 軽く水気を切った鯵、リンゴ、青唐辛子を合わせ、ナンプラーとオリーブオイルで和えながら味を馴染ませる

 

〔大友“ピエール” 博之〕

日本のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、個別化医療(precision medicine)を実践している。免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、運動療法を取り入れた治療で定評がある。

・ 医師 日本抗加齢医学会専門医 / 欧州抗加齢医学会専門医 / 日本麻酔科学会専門医
・ 西洋薬膳研究家、シェフドクターピエールとしても活躍中
・ 渋谷セントラルクリニック代表
・ 一般財団法人 日本いたみ財団 教育委員
・ 一般社団法人食の拠点推進機構 評価認証委員/食のプロフェッショナル委員

・ 料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフなどが集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ
・ ワインにも造詣が深く、フランスの主要産地から名誉ある騎士号を叙任している。
 シャンパーニュ騎士団 シュヴァリエ / ボルドーワイン騎士団 コマンドリー /ブルゴーニュワイン騎士団 シュヴァリエ    

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら