あられ蕎麦は冬の最高の贅沢なり

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お江戸の粋は高級食材

12〜1月に江戸で愛されたのが「あられ蕎麦」
蕎麦の上に敷いた海苔に、青柳の小柱を散らしたものです。
小柱を寒空から落ちてくる霰(あられ)に例えた辺りが江戸の粋。

青柳は「馬鹿貝」とも呼ばれるくらい馬鹿みたいにたくさん獲れたことから、あられ蕎麦はかつては街中どこでも食べられるお蕎麦だったそう。

ところが現代では海の汚染と海水温の上昇、乱獲などにより漁獲量が激減。すっかり超高級食材となってしまい、今では限られたお蕎麦屋さんや料理屋さんでしか見られないようになってしまいました。

特に小柱の中でも大星と呼ばれる大きなものは貴重とされ、価格も更に上がります。

そんなわけで実はこの日いただいたあられ蕎麦も、1杯3000円超とお蕎麦としては贅沢すぎるお値段!

蕎麦越しに環境問題を考える

でも年に一度こうして、海苔越しに少しずつ火が入って半生になっていく小柱とお蕎麦のマリアージュを楽しむことは、1年間頑張ってきた自分へのご褒美であり、これからの環境のことを考える良いキッカケになります。

これからも青柳に限らず、こうした貴重な資源を残していくために、何をしていけば良いのか考える一夜になりました。

室町砂場 赤阪店
東京都港区赤坂 6-3-5

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

〔シェフドクター ”大友 ピエール 博之” の正体〕

医師・料理研究家

・日本のみならずロサンゼルス、フランス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、運動療法を取り入れた新しい統合医療を提案している。

・料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ

・ワインにも造詣が深く、フランスの主要産地から名誉ある騎士号を叙任している。

ボルドーワイン騎士団コマンドリー
ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ
シャンパーニュ騎士団シュバリエ

またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら