火山海老の先には安眠あり

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆のお目当ては誰が言ったか「火山海老」。

世界中の海老好きたちが、バンコクから1時間ほどの隣県にわざわざ車を走らせて訪れる、知る人ぞ知るレストラン。

注文するとテーブルに火山が運ばれてきて、店員が特製のをおもむろに山に放つ。そこにマッチで火をつけると一瞬で、炎ボウボウの山火事状態。世界を魅惑する旨みたっぷりの油の調合は企業秘密とのことだけど、アジアっぽい香ばしさからすると胡麻油パーム油のブレンドだと思う。

直火による蒸し焼き効果でふっくらと火が通り、香ばしさも加わった海老は絶品。
注文の最少単位は1キロなのだけど3人もいればあっという間に胃に収まってしまう。それはピエールが自他共に認める無類の海老好きということもあるかも知れないけど…。

ピエールをトリコにする海老の旨みの正体は、グリシンというアミノ酸グリシンは血流を促進し、不眠の解消だけでなく普通に眠れている人の睡眠の満足度をも上げてくれます。また海老には睡眠に重要な亜鉛や睡眠リズムを整えるホルモン作りに必要なビタミンB12も含まれているので、深く質のよい眠りを得るためには最適

もう一つ大事なこと。海老の殻にはキチンという不溶性食物繊維が豊富だから捨てずに食べて欲しい。キチンは腸内をキレイにして便秘の予防や改善、コレステロールの排出を助けてくれます。だから美味しい海老の殻が余ったら、炒って塩と共にミキサーにかけて海老塩を作るのがオススメですよ。

良質の睡眠と整った腸内環境。
ピエールが健康的なのは海老パワーにあやかるところが大きいのかも⁉

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

 

The restaurant where shrimp lovers gather locates an hour’s drive from Bangkok.And their specialty is this “volcanic shrimp”.

Once the volcano arrives at the table, the clerk pours the original blended oil to the mountain and sets it on fire.The flame rises flashily in a moment excites not only children but everyone at the table.The shrimps are soft and fragrant by steaming over the direct fire.So although the minimum order is 1kg, you don’t have to worry at all. They disappear in the stomach immediately.

Shrimp is my favorite and maybe one of the sources of my health.The Umami taste of shrimp is an amino acid called glycine, which can promote blood flow, eliminate insomnia, and increase sleep satisfaction.Shrimp also contains zinc, which is important for sleep, and vitamin B12, necessary for making hormones to regulate sleep rhythm. So it is suitable for getting a good deep sleep.And shrimp shells also have nutrition. As you can imagine, it has a lot of calcium, but also rich in insoluble dietary fiber called chitin.It cleanses the intestines and helps prevent and improve constipation and help eliminate cholesterol.Making shrimp salt by roasting the shrimp shell and mixing it with salt is a good way to use the shells.

Good sleep and intestinal environment are important for me as I’m busy for work and dine.
So thank the power of shrimps, I still need you all!

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら