イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > 色々な病気に食事から向き合う > 機能性ディスペプシア(FD) > 機能性ディスペプシア⑫ 辛いものはダメージになるのか?【動画】

機能性ディスペプシア⑫ 辛いものはダメージになるのか?【動画】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Dr.ピエール大友 (イシペディア編集長)

僕の患者さんで、胃もたれを訴えたりしている人の中で、辛いものを食べた方が胃が動くような気がする、って言ってる人がいるんですけど。さっきの話だと、辛いものはちょっと考えなきゃいけない、って話ですよね。どうなんですか。

Dr.菰池 (たまち徳栄ビルクリニック院長)

うん。個人差が有ると思いますね。人によっては、辛いものを食べると、もちろん胃が動くわけですから、スッキリするとかむしろ不快なものが取れる、って仰る方もいる、それは事実だと思いますけども。

一般論で言うと、胃腸の動きを止めると言うかですね、過敏にさしてしまって、機能性ディスペプシアの症状としては悪くなることが知られてはいます。

Dr.ピエール大友

それは、たとえば、トウガラシに含まれているカプサイシンとか、コショウとか色々なものの影響ですよね。

Dr.菰池

はい。

Dr.ピエール大友

何かあるんですか。

Dr.菰池

そうですね。香辛料一般が悪いっていう意見の方が今は多いんですけれども、・・・人によって差があると思います。

Dr.ピエール大友

どれくらいまでなら、食べていいかとかあるんですか。例えば、翌日にお尻が痛くならないくらいとか。そういうの、あるんですか。

Dr.菰池

翌日お尻が痛くなるのは、多分やりすぎだと思います。カラダにストレスがかからないくらいに食べて頂くのはいい事たど思いますね。

Dr.ピエール大友

ストレスがかからない、っていうのは例えば、汗をかかないとかそういうことですね。

Dr.菰池

そうですね。お尻が痛くなるのも、汗が出る、変な汗が出るのも、多分身体にとっては、ストレスの症状でしょうから。美味しい、と感じるくらいが適量だと思いますね。

Dr.ピエール大友

なるほどですね。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら