肝臓がん① リスクファクターは何?【動画】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Dr.ピエール大友 (イシペディア編集長)

肝細胞がんの食事療法について田町徳栄ビルクリニック院長、ドクター菰池さんに教えて頂きたいと思います。

Dr.菰池 (たまち徳栄ビルクリニック院長)

お願いします。

Dr.ピエール大友

肝臓がんのリスクファクターはどういう事が原因で起きるんですか。

Dr.菰池

肝臓がんの一番多いタイプは肝細胞がんといいますが、日本ではB型肝炎、C型肝炎そういったウイルス性の肝炎を原因にして起きる事が多いと言われています。その他では、喫煙とか、飲酒、他にはアフラトキシンとも言いますね。

Dr.ピエール大友

アフラトキシン、カビですね。

Dr.菰池

カビの一種ですね。あるいは、肥満、糖尿病、運動不足、そういったものがリスクと言われていますね。

Dr.ピエール大友

なるほど。それ以外の例えば肝疾患とかで、肝臓の病気でなっていく肝炎以外にも、そう言った病気ってありますか。肝臓がんになりやすいということは。

Dr.菰池

そうですね。慢性肝炎、あるいは肝硬変というのが発生しやすい病態です。他にちょっと特殊な病気ですけれども、外国だとウイルソン病だったり、日本だとPBCと言いますけど原発性単純性肝硬変、PSC(原発性硬化性胆管炎)ですね、慢性の胆管炎、そういったものが肝臓がんのリスクファクターと言われています。

Dr.ピエール大友

脂肪肝とか、どうなんですか。結構多いと思うんですよね。

Dr.菰池

最近はすごくテレビなんかでも報道されますけども、脂肪肝が原因で、肝臓がんに発展してしまうというタイプが注目されていますね。

Dr.ピエール大友

脂肪肝ってのは、色々タイプがあるものなんですか。

Dr.菰池

はい。アルコール性の脂肪肝、あるいは、非アルコール性の脂肪肝があります。どちらも肝がん、肝細胞がんのリスクにはなりますけれども、特に飲酒しない方、非アルコール性の脂肪肝が原因で肝臓がんになるという方が最近増えているということで、世間の注目が高まっている病気の一つですね。

Dr.ピエール大友

なるほど。アルコール以外の脂肪肝も、注目すべきと言う事ですね。

Dr.菰池

そうですね。

 

 

大友博之 渋谷セントラルクリニック エグゼクティブ ディレクター

日本抗加齢医学会専門医、日本麻酔科学会専門医、日本医師会認定産業医

最先端の西洋医学と東洋医学をハイブリットした統合医療で注目されている。Ishipediaでは、世界中で出会った根本的な治療を広めることをモットーにしている。ワインと健康食の愛好家しても名高く、ボルドーワイン、ブルゴーニュワイン、シャンパーニュワイン騎士団、日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のメンバー

菰池信彦 たまち徳栄ビルクリニック院長

日本内科学会認定医、日本消化器病学会認定消化器病専門医、日本消化管学会認定指導医、日本肝臓学会肝臓専門医、日本ヘリコバクターピロリ学会認定感染症認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本カプセル内視鏡学会認定医、日本医師会認定産業医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら