頭痛と鉄不足の近しい関係 2月2日は頭痛の日

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頭痛はポピュラーな病気な割にはあまり専門家がいないジャンルの病気。
医者になって3年目にペインクリニックで働き始めた時、ボスが頭痛は難しいよって言った。

頭痛は大きく筋緊張性頭痛、偏頭痛の2つに分けることができる。

大事なのは完全に筋緊張性頭痛とか完全に偏頭痛と言うものはなく、20%くらい筋緊張性頭痛で80%くらいは偏頭痛と言う人がけっこういること。それに加えて頭痛には精神的なストレスも大きく関わってくるから、プチ鬱な人、不安な人、ちょっと変わった人(人格障害)などなど見立てが意外と難しい。

それでも3年目のピエールは一生懸命診断をつけようと努力していた。ボスのサポートのおかげで大きな間違いをすることなく診断して治療を行うことができていたと思う。医者になって10年目を過ぎて、なんで筋緊張性頭痛が起きるんだろう、なんで偏頭痛が起きるんだろうと言うことを考えるようになった。
体を動かさないこと(身体)、気持ちの問題(心理)や家族関係、会社関係等の問題(社会)の問題も重要だけど、食事が不規則なことや栄養素が足りていないこともあることを知るようになった。

マグネシウムの欠乏鉄不足。 食生活の多様化と食生活の簡便化によって、便利さの一方で知らず知らずのうちに多くの症状を生み出していることもある。

患者さんの中でひどく鉄が足りない頭痛持ちの人がいた。赤血球が少なくて(貧血)、体に保存してある鉄分(貯蔵鉄)が決定的に足りない。これまで市販の頭痛薬やドクターに処方された頭痛薬を内服したり、たくさんのマッサージに行ったり、運動したり、針をしたみたいだけど良くならなかった方がお食事の見直しや鉄分の補充でぐっと良くなった。
頭痛に限らず慢性的に問題を抱えている時は痛み止めだけに頼るのではなく、食事やライフスタイルを見返してくれると嬉しいな。ヒポクラテスが『あなたの食事こそ、あなた自身の薬である』と説いたように…

それが今日のお話です。もしよろしければ『鉄の欠乏性の記事』について引き続きご覧ください。
今日も最後までお付き合い下さいましてありがとうございました。

 

大友博之 渋谷セントラルクリニック エグゼクティブ ディレクター

日本抗加齢医学会専門医、日本麻酔科学会専門医、日本医師会認定産業医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)

免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療で著名人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほど鍼治療の名手で東洋医学にも造詣が深い。

またワインと健康食の愛好家しても名高く、ボルドー、ブルゴーニュ、シャンパーニュのワイン騎士団から名誉ある「シュバリエ」を叙任されているほか、料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有する美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会の「オフィシエ」でもある。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら